パソコンの動作が遅くなったらレジストリの掃除は効果ある?

最終更新日 2019年10月11日

パソコンの動作が遅くなったらレジストリの掃除は効果あるのか

使い続けたPCはなぜ遅くなるのか。その解決法とは? - ITmedia PC USER には、レジストリの肥大化について以下のとおり書かれています。
 では、なぜレジストリの肥大化がPCのパフォーマンスに悪影響を及ぼすのか。それは、Windowsの起動時はもとより、Windowsや各種アプリケーションの動作中も、ことあるごとにレジストリを参照しに行くからだ。大きなサイズのファイルを開くのに時間がかかるのと同じで、レジストリが大きくなればなるほど参照に時間がかかる。レジストリにこびりついた無駄な贅肉をそぎ落とさないことには、PCの動作が今後いっそう緩慢になっていくことになる。
周辺機器やアプリケーションの追加、アプリケーションの設定変更等によりレジストリが肥大化したら、上記のとおりパソコンの動作が遅くなるのでレジストリの掃除は効果があるようです。

昔とは違う!レジストリクリーナーの必要性と高速化する方法 には、以下のとおり書かれています。
Windows XPよりも前のOS(2000、Me、98など)では、PCを長期間使用しているとレジストリが肥大化し、PCの動作が遅くなる等の不具合が起こりました。そこで、レジストリクリーナーを用いてレジストリを最適化し、高速化するというフリーソフトが流行ったのです。

(略)

しかし、現在使われているVista、7、8に関しては、レジストリの肥大化によってパフォーマンスが低下するという欠点が改善されています。レジストリはOSの自己管理に任せておけば基本的に問題ないというのがMicrosoftの公式な見解です。
昔の OS ではレジストリの肥大化によりパソコンの動作が遅くなったらレジストリの掃除を行うと効果がありましたが、今では違うようです。今の新しい OS の Windows 10 にも当てはまると思われます。(2018年11月9日時点)

レジストリー クリーナーって必要?! – Windows Update サポート チーム (日本) には、マイクロソフトの公式な見解が掲載されています。
1.レジストリーの情報を削除をしても動作に影響がある範囲での効果が得られることは考えにくい
2.レジストリーの情報は通常は必要に応じて自動的に追加、削除されるものである (ソフトウェアのインストールやアンインストール時などに)
3.レジストリーを客観的な判断で削除することは現実的にはリスクが高い
レジストリの肥大化によるパソコンのパフォーマンス低下はない、そのためレジストリの掃除は効果がないは基本的に当てはまることであり、もしかしたら新しい OS でもレジストリの肥大化が原因でパソコンの動作が遅くなる特殊な事例があるかもしれません。

・古い OS ではレジストリの肥大化によりパソコンの動作が遅くなることがあり、レジストリの掃除に効果があった
・新しい OS ではレジストリの肥大化によりパソコンの動作が遅くなることはなくなり、レジストリの掃除に効果はない


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

レジストリ



マウスコンピューター/G-Tune