SSDのIDE

最終更新日 2023年09月07日

SSDのIDEとは

基礎

SSDのIDEとはIntegrated Drive Electronicsの略で、パソコンでSSDを接続するためのインターフェースの規格です。アイディーイーと読みます。コンパック、ウエスタンデジタル等が共同開発しました。

ATA

IDEの正式な規格名がATAです。1991年にANSIがATAの標準化を行いました。その後もIDEと呼ぶ場合が多いです。

SSD内部でSerial ATAからIDEに変換

SSDが普及し始めた頃からSerial ATAが主流でした。IDE対応モデルもありましたが、SSD内部でSerial ATAからIDEに変換しているモデルが多かったです。

出典
SSDの仕組を大解剖! | SSD完全攻略マニュアル | DOS/V POWER REPORT(2009年10月号)


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・初夏セール
最大45,000円OFF!!
(5月22日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大15%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・5月の超おすすめ!ピックアップ
ゲーミングPCやクリエイター向けパソコン等を用意
(キャンペーン実施中)

SSDのインターフェース



デル株式会社