SSDにインデックスは不要なので無効にすると良い?

最終更新日 2019年05月20日

SSD にインデックスは不要なので無効にすると良いのか

SSD容量を増やす!SSDの容量不足を解消! には、以下のとおり書かれています。
■ファイルインデックスを無効にする ⇒SSD容量を増やす

SSDは非常に高速なのでわざわざインデックスを有効にする必要性はあまりありません、そこでファイルのインデックスを無効にすることで、書き込み回数を減らせます。
SSD の使用容量を減らすことができ、SSD への書き込み回数を減らすことができるので、インデックスを無効にすると良いようです。SSD への書き込み回数を減らすことは、SSD の劣化を抑えられ寿命が延びることにつながると考えられます。

サーバ(Dell PowerEdge)およびストレージに関するデルのソリッド・ステート・ドライブ(SSD)のFAQ | Dell 日本 には、以下のとおり書かれています。
インデックス処理の無効化: 通常、インデックス処理はHDDの検索を高速化しますが、SSDには効果がありません。インデックス処理では、システムおよびプロパティにあるファイルのデータベースを継続的に維持するため、SSDが得意としない、多数の小規模な書き込みが発生します。ただし、SSDではデータを読み取り性能が高いため、インデックスがなくてもデータにすばやくアクセスできます。
SSDが得意としない多数の小規模な書き込みが発生するとあるので、インデックスを無効にするとアクセス速度の低下を抑えられると考えられます。

SSDだと何が速くなる? 2/2 | SSD徹底解剖 | DOS/V POWER REPORT には、以下のとおり書かれています。
これもデフラグと同様。Vistaをインストールした後、アイドル状態を見計らってインデックスサービスによりデータが自動的に読み取られ、それぞれの所在がストレージに書き込まれる。アクセスタイムの小さいSSDは、もともと検索に強く、インデックスサービスの機能を使っても、メリットはさほど大きくないのだ。
同記事には、SSD ではデータを書き換えるたびに寿命を削るようなものなのでデフラグを使用しない方が良いと書かれていますので、寿命を延ばせるのでインデックスを無効にすると良いと考えられます。

SSDのメリットを最大限にするための基本5ポイント+α | ライフハッカー[日本版] には、以下のとおり書かれています。
インデックスを使えば、通常、検索速度が速くなるが、SSDはアクセスタイムが小さいので、インデックスがなくても速く動く。

(略)

このようにインデックスを無効にすると、SSDと磁気ディスクを使い分けずに、すべてのデータをSSDに保存する際に、とても便利。SSDのみ導入する場合は、インデックスの無効化をお勧めする。
なぜインデックスを無効にすると便利なのか理由が書かれていませんが、この記事の公開年月日は2010年7月15日であり SSD の容量あたりの価格が今よりもかなり高かった、この記事には SSD と磁気ディスクを使い分けると SSD の容量がすぐにいっぱいになってしまうのを防げると書かれている、以上により SSD の容量を節約でき便利なのでインデックスを無効にしておくと良いとしていると考えられます。

PCの動作が突然止まってしまう!SSDの謎の不具合「プチフリ」の原因と対策は? には、JMF602 というコントローラーが原因で SSD にプチフリーズが発生している場合、SSD の交換をしない対処療法として、以下のとおり書かれています。
ファイルのインデックス作成を最小限にしたり、一度に複数のソフトを使用しないように心掛けてみてください。
SSD のコントローラーに JMF602 が採用されていると、短時間に多くのデータ書き込みが集中して行われた場合にデータ書き込みが一時的にストップし、Windows 全体の動作が止まってしまい操作不能になるプチフリーズという現象が発生します。

この記事ではインデックスを無効化にするとまでは書かれていませんが、JMF602 が原因でプチフリーズが発生しているならインデックスを無効にすると効果が出る可能性があると考えられます。

WindowsでSSDを効率よく利用するための3つのポイント | マイナビニュース には、以下のとおり書かれています。
つまり、インデックス機能を使うと、SSDの書き込みが頻繁に起こることになり、最終的には性能が劣化する可能性がある。

バックグラウンドで処理することで高速なインデックス化と検索が実現するのだが、この機能を無効にしてもWindowsの検索機能を利用してファイルやフォルダを探すことは可能だ。したがって、SSDでWindowsのインデックス機能の利用は推奨されないというわけだ。
劣化と聞くと寿命が思い浮かびますが、ここで出てくる性能はデータ読み込み速度とデータ書き込み速度、もしくはどちらか一方を指していると思われます。

SSD への換装と SSD の劣化の防止 - パソ救 には、以下のとおり書かれています。
 しかし SSD は HDD に比べてランダム読出しやランダム書込みの速度が数 10 倍速いので、ファイルアクセス高速化のためのインデックス機能をあまり必要としない。

 SSD の欠点である書込み回数の上限による寿命を延ばすために、インデックス機能を停止して SSD へのデータ書込み量を減少させることを勧める。
インデックス機能の停止により、効果が少ないファイル情報の書き込みが無くなるので SSD の延命につながる。
SSD の寿命を延ばせるのでインデックスを無効化にすると良いようです。

以上の記事をまとめると、SSD のアクセス速度は速いのでインデックスを無効にしても検索速度は十分速く、インデックスを無効にすると SSD の容量の節約になる、SSD へのデータ書き込み回数が減り寿命が延びる、JMF602 が原因でプチフリーズが発生しているなら改善する可能性がある、SSD のアクセス速度の低下を抑えられる、以上の効果を望めるのでインデックスを無効にすると良いようです。

ただし、SSD に限らず他の PC パーツの違いやパソコンの使い方の違いにもよるでしょうが、どれくらいの効果があるのか不明です。また、検索速度に関しては無視するとしてインデックスの無効によるデメリットは生じないのか気になります。

あくまでも個人的な意見ですが、インデックスを無効にしない場合はどうなのか知っておくためにインデックスを無効にせずにしばらく使い続け、その後にインデックスを無効にしてみて特に不満を感じなければ、インデックスを無効にしたままにすれば良いと思います。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集 icon
軽量モバイル、高速SSD搭載モデルもお求めになりやすい価格で販売中です
(キャンペーン実施中)
DELL
・お客様感謝セール
新製品Dell G5ほかおすすめPCがクーポンで最大17%OFF!
(6月17日迄)
ドスパラ
・ボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(6月27日迄)
パソコン工房
・アーリーサマーセール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(6月25日迄)