SSDではスーパーフェッチを無効にすると良い?

最終更新日 2019年10月11日

SSD ではスーパーフェッチを無効にすると良いのか

SSD使いこなし術 〜基本設定編〜 - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。
あらかじめよく使うファイルを先読みしておくスーパーフェッチとプリフェッチも、リード性能がHDDに比べて段違いに高いSSDでは不要な設定である。
同記事ではスーパーフェッチは不要としていますが、Windows 7 の場合の話であり、Windows 8/8.1 では SSD への最適化が進んでいるのでスーパーフェッチを無効にする必要はないそうです。

SSD への最適化が後退することはないでしょうから、Windows 8.1 の後継の Windows 10 でも同様の理由でスーパーフェッチを無効にする必要はないと思われます。

Windows 7 より前の Windows Vista 等については書かれていませんが、SSD への最適化が進んでいなかったでしょうから、スーパーフェッチを無効にすると良いと考えられます。

第19回 SSDでWindows 8システムを高速化する (1/2):Windows 8レボリューション - @IT には、以下のとおり書かれています。
 ReadyBoostやSuperFetchはアプリケーションのロードなどを高速化する技術であるが、SSDを利用する場合、これらを無効にして(無駄なサービスを止めて)パフォーマンスを上げるという方法が使われることがあった。

 Windows 8の場合は、先ほどのデフラグの画面からも分かるように、OS自身がハードディスクかSSDかを自動的に認識し、それぞれに最適な処理(不要と判断したら止めるなど)を自動的に行うようになっている。ハードディスクとSSDの両方を使っているようなシステムでも自動的に判断してくれるし、PC間でシステム・イメージを移行させたような場合でも正しく動作するようになっている。そのため、ユーザーがいちいち手動で設定する必要はないし、トラブルの元なので設定変更などはしなくてもよい。
この記事を参考にしても、Windows 7 まではスーパーフェッチを無効にするのはありだったが、Windows 8 からはスーパーフェッチを無効にする必要はないと考えられます。

SSDだと何が速くなる? 2/2 | SSD徹底解剖 | DOS/V POWER REPORT には、以下のとおり書かれています。
スーパーフェッチは、よく使うデータをあらかじめキャッシュしておいて、データアクセスを高速化する機能。もともとアクセスタイムが極小であるSSDでは、データを先読みして最適化することによるメリットがあまりない。この機能を無効にすると、30MBほどメモリ使用量を削減できる効果もあるため、相乗効果を期待できる。
この記事全体を読むと、この記事は最新の Windows 製品が Windows Vista だった頃に書かれたと思われます。Windows Vista は、Windows 7 の一つ前の製品です。

Windows Vista では SSD への最適化が進んでいなかったので、スーパーフェッチを無効にすると良かったようです。

SSDの耐久性 - HP.com では、SSD の寿命を延ばす方法としてスーパーフェッチについては以下のとおり書かれています。
スーパーフェッチとプリフェッチの両方を無効にすることを検討してください。
これらのアクセラレーションツールは、ハイバネーションを無効にしていない場合は特に、SSDへの書き込み負荷を高くします。
この記事には Windows 7 や Windows 8/8.1 が出てきますが、Windows 製品の違いで場合分けはされていません。Windows 8/8.1 でもスーパーフェッチを無効にする方が良いという考えなのか、それとも Windows 8 から SSD への最適化が進んだことが反映されていないのか不明です。

SSDのメリットを最大限にするための基本5ポイント+α | ライフハッカー[日本版] には、以下のとおり書かれています。
Windows 7では、SSDを使っているとき、スーパーフェッチが自動でオフになるが、最近のSSDは十分な寿命があるので、実際はこの自動変更機能は、さほど重要ではない。Vistaユーザの中には、スーパーフェッチを無効化しようとする人もいるかもしれないが、パフォーマンスが落ちることはない、といった効果くらいしかないので、あえて、ここでは触れていない
この記事の公開日は2010年7月15日なので、Windows 8 が発売される前に書かれた記事です。

この記事によると、Windows 7 ではスーパーフェッチが自動的に無効となりますが、無効ではなくても気にする必要性は低いようです。

また、SSD の耐久性は十分高いので、スーパーフェッチを無効にするとパフォーマンスの低下がなくなるくらいしか効果は出ないようです。

・パフォーマンスの低下を抑えられる効果と、データ書き込みを抑えられ寿命が延びる効果があるので、SSD ではスーパーフェッチを無効にすると良いが、SSD には十分な寿命があるので前者の効果くらいしかない
・Windows 8 以降は SSD への最適化が進んでいるのでスーパーフェッチを無効にする必要はない


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(12月18日迄)
DELL
・年末大還元 冬のボーナスセール
13,14インチモバイル、15インチ売れ筋ノートがお買得、クーポンで最大17%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール 第2弾
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(12月19日迄)
パソコン工房
・冬のボーナスセール第1弾
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(12月11日迄)