USBメモリーのメモリーセル

最終更新日 2023年09月07日

USBメモリーのメモリーセルとは

基礎

USBメモリーのメモリーセルとは、USBメモリー内部にあるフラッシュメモリーを構成している要素です。記憶セル、セルと呼ぶ場合もあります。

USBメモリーのメモリーセルの劣化

特定のメモリーセルにデータ書き換えの集中を防ぐ

USBメモリーのメモリーセルは、データを書き換えるほど劣化し寿命を迎えます。これがメモリーセルのデータ書き換え回数に上限がある理由です。特定のメモリーセルにデータ書き換えが集中すると、特定のメモリーセルが早く寿命を迎えます。

これを防ぐために、メモリーセルの場所を管理するアドレスをOSとUSBメモリーそれぞれが分けて管理するような状態にし、両者のアドレスを変換することで特定のメモリーセルにデータ書き換えが集中しないようにしています。

例えばメモリーセルが3つあるとします。それぞれにアドレス1、アドレス2、アドレス3を割り振ります。

OS管理上のアドレス アドレス
変換
USBメモリ管理上のアドレス
アドレス1 データA アドレス1 データA
アドレス2 - アドレス2 -
アドレス3 - アドレス3 -

OSがアドレス1を指定しデータAを書き込むとします。USBメモリーでもアドレス1を指定してデータAを書き込みます。この結果、アドレス1のメモリーセルにデータAが書き込まれます。

OS管理上のアドレス アドレス
変換
USBメモリ管理上のアドレス
アドレス1 データB アドレス1 データA(無効)
アドレス2 - アドレス2 データB
アドレス3 - アドレス3 -

OSがアドレス1を指定しデータBに書き換えるとします。USBメモリーではアドレス1から変換してアドレス2を指定してデータBを書き込みます。この結果、アドレス2のメモリーセルにデータBが書き込まれます。アドレス1のメモリーセルのデータAは無効とします。

OS管理上のアドレス アドレス
変換
USBメモリ管理上のアドレス
アドレス1 データC アドレス1 データA(無効)
アドレス2 - アドレス2 データB(無効)
アドレス3 - アドレス3 データC

OSがアドレス1を指定しデータCに書き換えるとします。USBメモリーではアドレス1から変換してアドレス3を指定してデータCを書き込みます。この結果、アドレス3のメモリーセルにデータCが書き込まれます。アドレス2のメモリーセルのデータBは無効とします。

3つのメモリーセルそれぞれのデータ書き換え回数が1回増えました。もしアドレス変換がないと、アドレス1のメモリーセルのデータ書き換え回数が3回増えます。

出典
【USBメモリー編】放置厳禁!データの“自然蒸発”に要注意(4ページ目) | 日経クロステック(xTECH)(2010/05/25公開記事)


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・大決算SALE
最大40,000円OFF!!
(2月28日迄)
DELL
・Premium Support割引キャンペーン
24時間365日テクニカル サポートが受けられる安心の「Premium Support」がお得
(2月19日迄)
パソコン工房
・パソコン大売出しSALE
ゲーミングPCやクリエイター向けパソコンなどをご用意
(2月20日迄)

USBメモリーの構造



デル株式会社