最も正確に性能を比較できるベンチマークは何か

最終更新日 2018年03月05日

最も正確に性能を比較できるベンチマークは自分が利用するアプリケーション

CPU や GPU の性能を比較するために、最も正確に性能を比較できるベンチマークは何なのか知りたい人は多いと思われます。その答えは、自分が利用するアプリケーションです。

ベンチマークもアプリケーションの一種ですが、ここで言うアプリケーションとはベンチマークとして利用するために作られたわけではないアプリケーションのことです。

このようなアプリケーションでもベンチマークとして利用することができます。例えば、動画編集アプリケーションでエンコードにかかる時間を測定することで性能を評価できます。

ベンチマークではプログラムを実行して CPU や GPU の性能を評価しますが、CPU や GPU が発揮する性能はプログラムによって違います。ベンチマークのプログラムとアプリケーションのプログラムは違いますので、CPU や GPU が発揮する性能も異なります。

つまり、ベンチマークで性能を比較する場合、自分が利用するアプリケーションでも同じ比較結果が出るとは限りません。

例えば、ある2つの CPU の性能を比較する場合、ベンチマークでは性能が高い方になった CPU が自分が利用するアプリケーションでは性能が低い方の CPU となる可能性があります。

割と正確に性能を比較できるベンチマークを見つける

CPU を買い集め、自分が利用するアプリケーションで性能を比較することは現実的に難しいです。

一部のアプリケーションに関しては性能を比較した結果がウェブサイト等に公開されていますが、丁度自分が利用するアプリケーションに関する性能比較結果はそうそうありません。

結局はベンチマークを参考にするしかありませんが、自分が利用するアプリケーションと同じか似ているプログラムを実行するベンチマークであれば割と正確に性能を比較できます。

例えば、CINEMA 4D 等の 3D CG アプリケーションを利用するなら、Cinebench と呼ぶベンチマークで割と正確に性能を比較できます。Cinebench による性能比較結果はインターネット上に豊富にあります。

PC ゲームはベンチマークが用意されていることが多いので、自分がプレイする PC ゲームのベンチマークで割と正確に性能を比較できます。PC ゲームのベンチマークによる性能比較結果もインターネット上に多く見られます。

正確に性能を比較できないベンチマークでも参考になる

自分が利用するアプリケーションと同じか似ているプログラムを実行するベンチマークは多くはありません。そのようなベンチマークが見つからなければ、独自のプログラムを実行するベンチマークを参考にするしかありません。

このようなベンチマークは正確に性能を比較できないと言えますが、参考にならないほどではありません。自分が利用するアプリケーションでも大体ベンチマーク通りの結果となることが多いです。

特に注意が必要な点を3つあげるとすると、まずメーカーが異なる CPU 同士、または GPU 同士をベンチマークで比較する場合は、あまり当てにならない可能性が高いです。

2つ目は、新しく発売されて間もない CPU または GPU のベンチマークスコアは、あまり当てにならない可能性が高いです。

3つ目は CPU のベンチマークに関することです。たいていのベンチマークは CPU のコア数が多いほどベンチマークスコアが高いですが、多くのアプリケーションは CPU のコアをあるだけ利用するわけではありませんので、ベンチマークスコアが高いほどアプリケーションで高い性能を発揮するとは限りません。

例えば、4コアまで利用するアプリケーションでは、それ以上のコア数を持つ CPU はベンチマークスコアは伸びてもアプリケーションで発揮する性能は伸びません。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・夏のボーナス特集
普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
Dell
・夏のブラックフライデーセール
最大20%オフクーポンでお得!Amazonギフト券1万円分が当たるキャンペーンも!
(7月19日迄)
ドスパラ
・大決算セール
日ごろの感謝をこめて大特価放出
(7月31日迄)
パソコン工房
・夏のボーナスSALE
セール対象BTOパソコン最大10,000円OFF
(7月31日迄)