ベンチマークスコアが約同じになるはずなのに差が出る理由とは

最終更新日 2018年10月19日

ベンチマークスコアに少しの差は出るもの

パソコン関連のベンチマークスコアをウェブサイト等で見ると、一見パソコンのハードウェア構成もベンチマークも同じに見えますがベンチマークスコアに差が出ていることがあります。

パソコンでベンチマークを行うとわかりますが、毎回ベンチマークスコアが同じになるわけではありませんので、少し差が出るのはやむを得ません。

ベンチマークスコアにどれくらいの差が出ていれば大きな差なのか一概には言えませんが、2〜3割以上の差が出ているなら大きな差が出ていると言えます。ベンチマークによっては1割以上の差でも大きな差が出ていると言えます。

以下では、ベンチマークスコアが同じくらいになるはずなのに差が出る理由について記載しています。

一部の PC パーツに取り付けミスや故障があるとベンチマークスコアが低下し差が出る場合あり

パソコンには様々な PC パーツが搭載されていますが、基本的に PC パーツの取り付けミスや PC パーツの故障があると全く動作しません。しかし、一部の PC パーツでは取り付けミスや故障があってもパソコンは動作することがあります。そのような状態ではパソコンは本来の性能を発揮しないことがあり、それでは本来のベンチマークスコアが出ません。

例えば、CPU クーラーに取り付けミスまたは故障があって正常に機能していないとします。CPU の発熱量の低下が進み、CPU クーラーが正常に機能していなくても、低負荷時であれば CPU は正常に動作することがあります。

高負荷時は CPU の温度が高くなりすぎないように CPU は本来の性能を発揮しません。CPU の性能を評価するベンチマークは、CPU に高い負荷をかけますので、通常よりもベンチマークスコアが低下します。

ホコリがたまって冷却能力が落ちているとベンチマークスコアが低下して差が出る場合あり

ベンチマークは新しいパソコンで行われていることが多いのでベンチマークスコアに差が出る原因になっていることは少ないでしょうが、パソコンにホコリがたまって冷却能力が落ちていると本来の性能を発揮できませんので、通常よりもベンチマークスコアが低下します。

例えば、パソコンを長年掃除せずに使ってきた結果、CPU クーラー、GPU クーラー、PC ケースの冷却ファンやフィルター、PC ケースの空気を吸入するところや空気を排出するところがホコリだらけで冷却能力が落ちていると、CPU や GPU は本来の性能を発揮できず通常よりもベンチマークスコアが低下することがあります。

設定が異なるとベンチマークスコアに差が出る場合あり

一般的にベンチマークには様々な設定項目があり、設定内容が異なればベンチマークスコアに差が出ることがあります。ベンチマークの設定内容は重要な情報であり、ベンチマークスコアが公開されているウェブサイト等にはベンチマークの設定内容も公開されていますので、ベンチマークの設定内容が合うように比較することが重要です。

本来はベンチマークではないアプリケーションをベンチマークとして利用することがありますが、一般的にベンチマークではないアプリケーションは設定項目が多く、またベンチマークスコアが公開されているウェブサイト等には設定内容を全て公開されていないことが結構あります。

例えば、動画編集アプリケーションを利用してエンコードにかかる時間をベンチマークスコアとするやり方がよく見られます。エンコードする動画ファイルが異なればベンチマークスコアに差が出るのは当然ですが、同じ動画ファイルを利用したとしてもベンチマークスコアに差が出ることがあります。

一般的に動画編集アプリケーションの設定項目は多く、1つでも設定内容が異なるとベンチマークスコアに大きな差が出ることがあります。

ベンチマーク以外でも設定内容がベンチマークスコアに影響を及ぼすことがあります。OS の設定や BIOS の設定、ベンチマーク以外のアプリケーションの設定が、一見ベンチマークとは無関係そうに見える設定でも思わぬ形でベンチマークスコアに影響を及ぼすことがあります。

バージョンが異なるとベンチマークスコアに差が出る場合あり

一般的にベンチマークはアップデートが行われバージョンがアップしていきます。ベンチマークがバージョンアップすると性能の評価の仕方が変わることがあり、同じベンチマークでもベンチマークのバージョンが異なるとベンチマークスコアに差が出ることがあります。

ベンチマーク以外でも OS のバージョン、マザーボードのドライバのバージョン、GPU のドライバのバージョン等が異なると、ベンチマークに影響を及ぼしベンチマークスコアに差が出ることがあります。

評価対象外の PC パーツが異なるとベンチマークスコアに差が出る場合あり

パソコンのハードウェア構成が異なる場合となりますが、特定の PC パーツの性能を評価するベンチマークでは、評価対象外の PC パーツもベンチマークに影響を及ぼすことがあります。

例えば、GPU の性能を評価するベンチマークの場合、CPU やメインメモリー等もベンチマークに影響を及ぼすことがあります。ある2つの CPU があり両者の性能が異なる場合、GPU が同じでも性能が高い方の CPU と組み合わせる方が高いベンチマークスコアが出ることがあります。

特定の PC パーツの性能を評価するベンチマークによるベンチマークスコアは、その特定の PC パーツに関する情報のみ掲載されていることが多いですが、他の PC パーツは評価対象外でもベンチマークスコアに差が出る要因となりえますので鵜呑みにしない方が良いです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・冬のボーナス特集
PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です
(キャンペーン実施中)
Dell
・ブラック フライデー プレセール
人気のデルPCが最大17%オフクーポンでお得!
(11月19日迄)
ドスパラ
・冬のボーナスセール
ハイエンドゲーミングPCが最大20,000円引き!
(12月13日迄)
パソコン工房
・秋のBIG SALE
スタッフ厳選!デスクトップPCがお買い得!
(11月27日迄)