動画編集、画像編集にビデオカードは必要なのか

最終更新日 2018年03月05日

動画編集、画像編集にビデオカードが必要になるのかどうか一概に示すことは難しい

ここではデスクトップパソコンのタワー型等、ビデオカードを搭載できるタイプのパソコンを選ぶとします。もしビデオカードを搭載できないタイプのパソコンを選ぶとするなら、マザーボードに実装することで搭載するモバイルパソコン向けビデオチップ(GPU)が動画編集または画像編集に必要なのかということになります。

動画編集または画像編集用にパソコンを選んで買う時、ビデオカードが必要になるのかどうか迷うところです。ビデオカードはグラフィックス関連の処理を担い、ビデオカードの性能が高いほどグラフィックス関連の処理速度が速いです。何となく動画編集または画像編集にビデオカードが必要になりそうな気がします。

結論から言うとビデオカードが必要になるのかどうか一概に示すことは難しいです。ビデオカードが必須になる人もいれば、ビデオカードが不要になる人もいます。

動画編集または画像編集に利用するソフトウェアは人それぞれ異なり、ソフトウェアによってビデオカードが必要か不要か決まってきます。

同じソフトウェアを利用するという共通条件があっても、編集作業の仕方によってもビデオカードが必要か不要か決まってきます。

基本的にビデオカードは動画編集または画像編集を快適にできるようにするために使うものですが、利用するソフトウェアだけでなく編集作業の仕方がほぼ同じであっても快適と感じる基準は人それぞれ異なります。

そのため、ビデオカードが必要になるのか不要になるのかは本当に人それぞれであり、ビデオカードが必要という人とビデオカードが不要という人の意見がぶつかったとしても、一方が正しくて一方が間違っているわけではなくどちらも正しいことがあります。

ビデオカードが必要となる動画編集または画像編集用ソフトウェアを利用するなら

利用するソフトウェアによってビデオカードが必要になると決まってくることはそうそうありませんが、ビデオカードがあるパソコンで利用することを前提に作られている動画編集または画像編集用ソフトウェアを利用するならビデオカードが必要と決まってきます。

例えば、ビデオカードがないと正常に起動すらできないソフトウェア、ビデオカードがあったとしても動画保証対象のビデオカードでないとまともに動画編集または画像編集できないソフトウェアを利用するならビデオカードが必要となります。

このようなソフトウェアは稀な存在です。このような特殊なソフトウェアを利用するならビデオカードが必要ですが、多くのソフトウェアはビデオカードがなくても特に問題なく利用できます。

ビデオカードの有無によって特に違いがない動画編集または画像編集用ソフトウェアを利用するなら

利用するソフトウェアによってビデオカードが不要になると決まってくることがあります。ビデオカードがあってもなくても特に変わらないソフトウェアを利用する場合です。

多くのソフトウェアはビデオカードがなくても問題なく利用できますが、ビデオカードによる処理の高速化に対応しているソフトウェアがあります。

ビデオカードによる処理の高速化に対応していないソフトウェアを利用するなら、ビデオカードがあってもなくても特に変わりませんのでビデオカードは不要です。

ビデオカードによる処理の高速化に対応している動画編集または画像編集用ソフトウェアを利用するなら

動画編集または画像編集に利用するソフトウェアがビデオカードによる処理の高速化に対応しているとしても、必ずしもビデオカードが必要になるわけではありません。

ビデオカードによる処理の高速化を利用しない、利用するとしても自分の動画編集または画像編集の仕方ではビデオカードによる処理の高速化が不要なほどビデオカードなしでの処理速度に不満を感じなければビデオカードは不要です。

標準的な性能を持つビデオカードを選ぶ

恐らく多くの人はビデオカードによる処理の高速化に対応している動画編集または画像編集用ソフトウェアを利用するが、自分にとってビデオカードによる処理の高速化が必要になるのか迷い、ビデオカードについても必要になるのか迷うことになると思います。

自分が利用するソフトウェアが同じであり、かつ編集作業の仕方が似ている人を見つけ、その人にビデオカードの必要性を聞いてみると参考になります。

しかし、利用するソフトウェアが同じ人は見つけやすいでしょうが、編集作業の仕方まで同じ人はなかなか見つからないものです。

もしビデオカードが必要になるのか決まらなかったら、とりあえず標準的な性能を持つビデオカードを搭載しているパソコンを選ぶと良いです。

ビデオカードによる処理の高速化に対応しているソフトウェアを利用するなら、ビデオカードが役に立つ可能性が高いです。実際に使ってみたらビデオカードが不要だったとわかっても、将来ビデオカードが必要になったらビデオカードが役立ちます。

例えば、GeForce GTX 1050 は標準的な性能を持ち、GeForce GTX 1050 の性能でも多くの人が満足できると思います。GeForce GTX 1050 だとビデオカード単体での価格は1万5千円くらいであり、そこまで予算が跳ね上がることはありません。(2017年12月1日時点)

ビデオカードの性能はピンキリであり、最高クラスの性能を持つビデオカードでも性能が足りないという人もいますが、明確に必要だと判断できないのに高性能なビデオカードを選ぶことはおすすめできません。高性能なビデオカードは価格が高いので、無駄に大きなコストをかけてしまった結果となる可能性が高いです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・秋の売れ筋パソコン特集
PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です
(キャンペーン実施中)
Dell
・シルバーウィークセール
XPSノートや人気の商品が最大20%オフクーポンでお得
(9月25日迄)
ドスパラ
・オータムセール
ハイエンドゲーミングPCが最大35,000円引き
(9月27日迄)
パソコン工房
・半期に一度の決算SALE
BTOパソコンを大幅プライスダウン
(10月1日迄)