男女間でエアコン冷房設定温度の争いが起きる理由

最終更新日 2018年07月10日

なぜ男女間でエアコン冷房設定温度の争いが起きるのか

職場でも家庭でもエアコンの冷房運転時に設定温度の争いが起こっているところは少なくないと思います。一般的には男性陣の方が低い温度にしたがり、女性陣の方が高い温度にしたがると思います。例えば、男性陣は26度、女性陣は28度が良いと主張するような争いです。

皮下脂肪の量は個人差はありますが、一般的には女性の方が多いので女性の方が寒さに強いイメージがあります。それなのにエアコンの設定温度に関しては女性の方が寒がりというイメージと整合性がとれていないように思えます。

皮下脂肪には保温効果があり身体から熱が逃げにくいので女性は寒さに強いのであり、冷房時に女性は寒がりであることとは別として考えるものだと思います。

ところで、なぜ女性の方が寒がりなのか疑問ですが、 男女の生理機能の違いが体感温度の違いを生む - 日経トレンディネット によると、男性よりも女性は代謝が低いので寒がりのようです。
 「まず、男女間の温度感覚の差ですが、体感で2℃ぐらいの差があるのです。そうした研究は、1970年代からけっこうされていて、この差は、基本的には基礎代謝の違いが影響しているとわかっています。男性は、女性と比較して脂肪が少なく、筋量が多い。そのため、基本的に代謝が高い。体の中で熱をたくさん作っているのです。一方、女性は男性と比較すると代謝が低い。体内で男性ほど熱を作りません。

 この違いは、体温を一定に保とうとする機能にも影響します。男性は熱を多く作るので、熱を逃がして体温を一定に保とうとします。熱を逃がすために汗をかく。汗ばむような気温でなければ、末梢の皮膚血管を拡張させて、熱を外に逃がします。それで体温が高くなるわけです。女性は、そんなに熱を作っていないので、体温が低め。皮膚血管を拡張させなくても、だいたい一定に保てるわけです」。
男女間の温度感覚には体感で2度くらいの差があり数字上では小さい差ですが、個人的には24度だとやや寒い、26度だとちょうどいい、28度だとやや暑いと感じますので、エアコンの設定温度は2度違うだけでも快適ではなくなります。

多くの人も2度は大きな差だと感じると思いますので、男女間でエアコンの設定温度の争いが起きるのも無理はないと思います。温度感覚には個人差があるでしょうから、人数が少ない家庭等においては男性陣と女性陣との間でエアコン設定温度の争いが起きない場合もあると思います。


キャンペーン情報
富士通
・スーパーサマーセール
クーポン利用で9〜23%OFF等の9大特典
(7月25日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で21%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/B3 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で26%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で28%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で28%OFF
LIFEBOOK WAA/B3 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で32%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/B3 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で27%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/B3 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(7月25日迄)