AMD Athlon(K10 以降)のモデル・ナンバーの見方 - CPU の選び方

最終更新日 2015年11月02日

モデル・ナンバーとは

AMD 社の CPU には、製品ごとに異なるモデル・ナンバーが付けられています。数字やアルファベットから成るモデル・ナンバーは、製品の識別ができるだけでなく、モデル・ナンバーには法則があるため、数字やアルファベットから性能の大小関係や製品の特徴がわかります。

しかし、モデル・ナンバーはマイクロアーキテクチャや開発コードネームが変わると、法則も変わる場合があります。Athlon では、マイクロアーキテクチャごとに分け、さらに開発コードネームで分けるとわかりやすいため、そのように整理してモデル・ナンバーの見方について記載します。

また、Athlon は古くから使われてきたブランド名であり、全てを網羅すると長くなりますので、ここでは K10 マイクロアーキテクチャ以降の Athlon を扱います。

以下は、Athlon の採用マイクロアーキテクチャ、開発コードネームを簡易にまとめた表です。

マイクロアーキテクチャ 開発コードネーム 発売時期
K10 Llano 2011〜2012年
Piledriver Trinity 2012年
Richland 2013年
Jaguar Kabini 2014年

K10 マイクロアーキテクチャ

開発コードネーム Llano

Llano の Athlon は、正確にはブランド名が Athlon II であり、製品名にはブランド名の後ろに X2、または X4 が付きます。X の後ろの数字はコア数を示します。X2 や X4 の後ろにモデル・ナンバーが続きます。

モデル・ナンバーは、以下のように表されます。

3桁の数字 サフィックス

3桁の数字は、大きいほど機能と性能に優れている事を示します。Athlon II X2 では上1桁目が2、Athlon II X4 では上1桁目が6固定です。

サフィックスは、製品の特徴を示します。Llano の Athlon では、以下のサフィックスが使われます。

K
倍率固定が解除されている

Piledriver マイクロアーキテクチャ

開発コードネーム Trinity

Trinity の Athlon は、製品名にはブランド名の後ろに X2、または X4 が付きます。X の後ろの数字はコア数を示します。X2 や X4 の後ろにモデル・ナンバーが続きます。

モデル・ナンバーは、以下のように表されます。

3桁の数字 サフィックス

3桁の数字は、大きいほど機能と性能に優れている事を示します。Athlon X2 では上1桁目が3、Athlon X4 では上1桁目が7固定です。Llano の Athlon(Athlon II)と比べると、それぞれ上1桁目の数字が1大きくなっています。マイクロアーキテクチャが新しくなり、大きく仕様が変わったためと思われます。

サフィックスは、製品の特徴を示します。Trinity の Athlon では、以下のサフィックスが使われます。

K
倍率固定が解除されている

開発コードネーム Richland

Trinity の Athlon と見方は同じです。

Richland の Athlon は、製品名にはブランド名の後ろに X2、または X4 が付きます。X の後ろの数字はコア数を示します。X2 や X4 の後ろにモデル・ナンバーが続きます。

モデル・ナンバーは、以下のように表されます。

3桁の数字 サフィックス

3桁の数字は、大きいほど機能と性能に優れている事を示します。Athlon X2 では上1桁目が3、Athlon X4 では上1桁目が7固定です。Trinity の Athlon と上1桁目の数字が同じですが、マイクロアーキテクチャは同じで、仕様の変化は小さいためと思われます。

サフィックスは、製品の特徴を示します。Richland の Athlon では、以下のサフィックスが使われます。

K
倍率固定が解除されている

Jaguar マイクロアーキテクチャ

開発コードネーム Kabini

Kabini の Athlon のモデル・ナンバーは、以下のように表されます。

4桁の数字

4桁の数字は、大きいほど機能と性能に優れている事を示します。


モデル・ナンバー



CPU 性能比較早見表

デル株式会社