AMD FX のモデル・ナンバーの見方 - CPU の選び方

最終更新日 2015年11月02日

モデル・ナンバーとは

AMD 社の CPU には、製品ごとに異なるモデル・ナンバーが付けられています。数字やアルファベットから成るモデル・ナンバーは、製品の識別ができるだけでなく、モデル・ナンバーには法則があるため、数字やアルファベットから性能の大小関係や製品の特徴がわかります。

しかし、モデル・ナンバーはマイクロアーキテクチャや開発コードネームが変わると、法則も変わる場合があります。FX では、マイクロアーキテクチャごとに分けるとわかりやすいため、マイクロアーキテクチャごとにモデル・ナンバーの見方について記載します。

以下は、FX の採用マイクロアーキテクチャ、開発コードネームを簡易にまとめた表です。

マイクロアーキテクチャ 開発コードネーム 発売時期
Bulldozer Zambezi 2011〜2012年
Piledriver Vishera 2012〜2014年
Steamroller Kaveri 2014年

Bulldozer マイクロアーキテクチャ

Bulldozer の FX のモデル・ナンバーは、以下のように表されます。

FX 4桁の数字

4桁の数字

4桁の数字の上1桁目は、コア数を示します。FX には4コア、6コア、8コアの製品がありますが、それぞれ上1桁目が4、6、8となります。

上2桁目から3桁の数字は、大きいほど同じコア数、すなわち上1桁目が同じ数字の製品の中で、性能が高い事を示します。

Piledriver マイクロアーキテクチャ

Piledriver の FX のモデル・ナンバーは、以下のように表されます。

FX 4桁の数字 サフィックス

4桁の数字

4桁の数字は、基本的に Bulldozer の FX の同じです。しかし、8コアですが上1桁目が9の製品があります。上1桁目が9の製品は、上1桁目が8の製品よりも性能が高く、消費電力と発熱量が大幅に大きくなっており、同じコア数でも別物と言えるくらい仕様が異なるため、上1桁目を9にして発売したと思われます。

サフィックス

サフィックスは、製品の特徴を示します。Piledriver の FX では、以下のサフィックスが使われます。
E
低 TDP(95W)
サフィックスに E が付く製品は、その製品と同じ4桁の数字をモデル・ナンバーに含む製品の低発熱量版(低消費電力版)です。恐らく、E は効率的を意味する Efficient の頭文字と思われます。電力効率が向上した製品である事を考慮すると、Efficient の頭文字である可能性が高いです。

サフィックスに E が付く製品には、FX 8320E と FX 8370E があり、これらの TDP は 95W です。モデル・ナンバーに同じ4桁の数字がある製品 FX 8320 と FX 8370 の TDP は 125W です。

Steamroller マイクロアーキテクチャ

Steamroller の FX のモデル・ナンバーは、以下のように表されます。

FX 4桁の数字 サフィックス

4桁の数字

Steamroller の FX は、APU(AMD 社では、CPU と GPU が統合した製品を APU と呼んでいます。)として初の FX です。APU は、A シリーズや E シリーズ等の複数のブランド名があり、基本的に4桁の数字がモデル・ナンバーに含まれ、上1桁目は新しい製品ほど大きいです。

FX は途中から登場したため、2014年7月10日時点では製品数は少なく、存在するのは FX 7500、FX 7600P のみです。

これらは、開発コードネーム Kaveri と呼ばれる製品であり、ノートパソコン向けです。他に A シリーズがありますが、開発コードネーム Kaveri と呼ばれる製品の中でハイエンドとなる製品に FX というブランド名が付きます。

上2桁目から3桁の数字は、大きいほど性能が高い事を示します。

サフィックス

サフィックスは、製品の特徴を示します。Steamroller の FX では、以下のサフィックスが使われます。
P
高 TDP(35W)


モデル・ナンバー



CPU 性能比較早見表

デル株式会社