光学ドライブ - 画像編集用パソコンの選び方

最終更新日 2017年03月12日

光学ドライブの選び方

光学ドライブは必須ではない

光学ドライブ非搭載のパソコンもありますが、大半のパソコンは光学ドライブを搭載しているため、光学ドライブ搭載パソコンを選ばざるを得ませんが、画像編集では光学ドライブは必須ではありません。

従来は、画像編集ソフトウェアに限りませんが、ソフトウェアのインストールは CD や DVD を利用するために光学ドライブは必須でしたが、インターネット経由によるソフトウェアのダウンロード提供が普及したため、CD や DVD でないとインストールできないような画像編集ソフトウェアを使わないのであれば、光学ドライブは不要です。

また、従来は CD や DVD がデータのバックアップや移動で使われる事が多かったですが、外付けストレージや USB メモリー、メモリーカードの大容量化と低価格化が進んで普及したため、CD や DVD の出番は無くなりつつあります。

光学ドライブ非搭載パソコンを選んで、後に光学ドライブが必要になっても、外付け光学ドライブを利用する手がありますので、光学ドライブが必要無ければ光学ドライブ非搭載パソコンを選んでも問題ありません。

DVD ドライブか BD ドライブ

光学ドライブには、大きく分けて DVD ドライブと BD ドライブがあります。DVD ドライブは、CD と DVD が使えます。BD ドライブは、CD と DVD、BD が使えます。BD しか使えないような BD ドライブもありますが、CD や DVD が使えないと困る場合がありますので、パソコンには CD と DVD、BD が使える BD ドライブが搭載されているのが一般的です。

DVD と BD の大きな違いは1枚あたりの容量の大きさです。DVD は1枚あたり容量 4.7GB(2層は容量 8.5GB)ですが、BD は1枚あたり 25GB となっており、BD 規格によっては1枚あたり容量 100GB を超えます。

インストールメディアとして BD が使われるようになれば、BD ドライブが必要になってきますが、まだ DVD ドライブが使われるのが一般的なため、インストールメディアには DVD が使われています。そのため、DVD ドライブ搭載パソコンで十分ですが、いずれはインストールメディアとして BD が使われる可能性を考慮して、BD ドライブ搭載パソコンを選ぶのもありです。

10GB を超えるようなデータのバックアップや移動に使うのであれば、BD が使えると枚数が少なく済みますので、BD ドライブ搭載パソコンを選ぶと良いです。

DVD ドライブの選び方

DVD スーパーマルチドライブが標準的

DVD ドライブには幾つか種類があり、種類によって対応 DVD 規格が異なっています。

今では、全ての DVD 規格に対応した DVD スーパーマルチドライブが普及しており、新しいパソコンでは他の種類の DVD ドライブは見られません。

そのため、DVD ドライブを選ぶ場合は、DVD ドライブが搭載されているか確認するだけで十分です。

BD ドライブの選び方

主な BD 規格一覧

BD ドライブには、DVD ドライブのように対応 BD 規格を判別できるような種類が無く、まだ新しい BD 規格が開発されている段階です。そのため、BD ドライブを選ぶ場合は、対応 BD 規格を確認し、自分が使用したい規格の BD が使えるか確認する必要があります。

「内蔵ブルーレイドライブの選び方」掲載の BD 規格一覧にて、各 BD 規格の特徴を掲載しています。

BD ドライブは、DVD ドライブほど普及はしておらず、BTO カスタマイズで光学ドライブの変更が可能であっても、BD ドライブへの変更はできなかったり、自分が使用したい BD 規格に対応している BD ドライブは用意されていない場合があります。

その場合は、別のパソコンを探すのも手ですが、BD ドライブにこだわると選択肢が狭くなってしまうため、別途で外付け BD ドライブを用意するのも手です。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・SSDアップグレードキャンペーン!!
さらに快適!!ワンランク上の快適SSDカスタマイズが5,800円から!
(キャンペーン実施中)
Dell
・年末大還元!冬のボーナスセール開催!
年末年始特別モデル販売中!最大17%オフクーポンでさらにお得!
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・冬のボーナスセール
人気のゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出!SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など、特典も目白押し!
(12月14日迄)
パソコン工房
・ボーナスセール
特価モデルが続々登場!
(12月26日迄)