動画編集用パソコンのCPUの種類、性能比較、選び方

最終更新日 2018年03月05日

動画編集ソフトウェアが対応している CPU を選ぶ

動画編集に使う CPU を選ぶ際は、利用する動画編集ソフトウェアが対応している CPU を選ぶ必要がありますが、新しい CPU であればどの動画編集ソフトウェアも対応しています。

かなり古い CPU だと、性能が足りない、64ビットに対応していない等の理由で動画編集ソフトウェアを利用できない場合がありますが、もはや化石と言えるほど古い CPU に当てはまる話です。

CPU のコア数が増えていっていますが、個人向けとなる家庭用 CPU では18コアの CPU が出てきました。(2018年2月28日時点)一部のソフトウェアはコアが多すぎると正常に動作しないトラブルが発生しますが、比較的新しい動画編集ソフトウェアであれば多数のコアがある CPU でも正常に動作するように作られており、トラブルが発生することはまずありません。

古い動画編集ソフトウェアだと正常に動作しないトラブルが発生するかもしれませんが、仮にトラブルが発生しても動画編集ソフトウェアが利用するコア数を指定して動作させる方法があります。

・動画編集ソフトウェアが対応している CPU なのか気にする必要はない

動画編集用パソコンの CPU を選ぶ際インテル社と AMD 社どちらのメーカーを選んでも問題ない

パソコンに搭載される CPU のメーカーには、インテル社と AMD 社があります。動画編集ソフトウェアを使う場合、一方のメーカーの CPU でないと使えないということはありませんので、どちらのメーカーの CPU を選んでも問題ありません。

インテル社と AMD 社は競合し合っているメーカーであり性能の高さで勝負してきましたが、長らくインテル社の CPU が優勢な時代が続きましたので、インテル社の方が圧倒的にシェアが大きいです。

動画編集では高性能 CPU が必要であり、AMD 社は高性能 CPU に弱かったので動画編集用パソコンではインテル社の CPU を選ぶしかない状況でした。しかし、AMD 社から Ryzen というブランドの CPU が登場し AMD 社も高性能 CPU に強くなりましたので、AMD 社の CPU も選択肢に入れられるようになりました。

・インテル社と AMD 社どちらの CPU を選んでも良い

動画編集にはデスクトップパソコン向け CPU を選ぶのがおすすめ

CPU にはデスクトップパソコン向け CPU とモバイルパソコン向け CPU があります。動画編集におすすめなのは、デスクトップパソコン向け CPU です。

その理由は、動画編集では高性能 CPU が必要であり、デスクトップパソコン向け CPU の方が高性能 CPU がそろっているからです。もちろんモバイルパソコン向け CPU にも動画編集におすすめできる高性能 CPU がありますので、自分にとって性能が十分ならモバイルパソコン向け CPU を選んでも問題ありません。

基本的にノートパソコンにはモバイルパソコン向け CPU が搭載されますが、デスクトップパソコン向け CPU を搭載するノートパソコンもありますので、動画編集用ノートパソコンを選ぶ場合でもデスクトップパソコン向け CPU を選べます。

ただし、デスクトップパソコン向け CPU を搭載するノートパソコンは価格が高くコストパフォーマンスが悪いので、どうしてもノートパソコンを選ばなければならない理由がなければ、デスクトップパソコン向け CPU を搭載するデスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。

・動画編集にはデスクトップパソコン向け CPU が最適
・性能が十分ならモバイルパソコン向け CPU を選ぶのもあり

動画編集用に選ぶ CPU をベンチマークによる性能比較表から見つける

以下ではデスクトップパソコン向け CPU を、 PassMark Software - CPU Benchmark Charts に掲載されているベンチマークスコア Passmark CPU Mark を基に CPU を性能が高い順に並べた性能比較表を掲載しています。

PassMark Score がベンチマークスコアであり、この数値が高いほど性能が高い CPU です。PassMark Ratio は、最も高いベンチマークスコアに対する割合です。最も高いベンチマークスコアを出した CPU が 100% となります。ただし、Xeon 等の業務用 CPU やベンチマークスコアが出ていない CPU は除いています。

デスクトップパソコン向け CPU(ビッグコア)

2018年04月26日更新
製品 PassMark
Score
PassMark
Ratio
マイクロ
アーキテクチャ
開発
コードネーム
発売年
Core i9-7980XE 27797 100% Skylake Skylake-X 2017年
Core i9-7960X 25592 92% Skylake Skylake-X 2017年
Core i9-7940X 25049 90% Skylake Skylake-X 2017年
Core i9-7920X 23240 83% Skylake Skylake-X 2017年
Core i9-7900X 22301 80% Skylake Skylake-X 2017年
Ryzen Threadripper 1950X 22105 79% Zen Summit Ridge 2017年
Core i7-7820X 18648 67% Skylake Skylake-X 2017年
Ryzen Threadripper 1920X 18189 65% Zen Summit Ridge 2017年
Ryzen 7 2700X 17448 62% Zen+ Pinnacle Ridge 2018年
Core i7-8700K 16054 57% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Ryzen 7 2700 15906 57% Zen+ Pinnacle Ridge 2018年
Ryzen 7 1800X 15405 55% Zen Summit Ridge 2017年
Ryzen Threadripper 1900X 15295 55% Zen Summit Ridge 2017年
Core i7-8700 15256 54% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Ryzen 5 2600X 15226 54% Zen+ Pinnacle Ridge 2018年
Ryzen 7 1700X 14631 52% Zen Summit Ridge 2017年
Core i7-7800X 14518 52% Skylake Skylake-X 2017年
Ryzen 7 1700 13754 49% Zen Summit Ridge 2017年
Core i7-8700T 13526 48% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Ryzen 5 2600 13366 48% Zen+ Pinnacle Ridge 2018年
Ryzen 5 1600X 13331 47% Zen Summit Ridge 2017年
Core i5-8600K 12791 46% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Core i5-8500 12485 44% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Ryzen 5 1600 12386 44% Zen Summit Ridge 2017年
Core i7-7740X 12241 44% Kaby Lake Kaby Lake-X 2017年
Core i7-7700K 12064 43% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i5-8400 11776 42% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Core i7-6700K 11112 39% Skylake Skylake-S 2015年
Core i7-7700 10781 38% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Ryzen 5 1500X 10713 38% Zen Summit Ridge 2017年
Core i5-8600T 10622 38% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Core i5-8500T 10499 37% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Core i7-6700 10036 36% Skylake Skylake-S 2015年
Core i5-7640X 9430 33% Kaby Lake Kaby Lake-X 2017年
Ryzen 5 2400G 9409 33% Zen Raven Ridge 2017年
Core i7-7700T 9248 33% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i3-8350K 9207 33% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Core i5-7600K 9151 32% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i7-6700T 9039 32% Skylake Skylake-S 2015年
Core i5-7600 8858 31% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Ryzen 5 1400 8429 30% Zen Summit Ridge 2017年
Core i5-7600T 8163 29% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i5-7500 8085 29% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i3-8100 8080 29% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Core i5-6600K 8045 28% Skylake Skylake-S 2015年
Core i5-6600 7755 27% Skylake Skylake-S 2015年
Ryzen 3 1300X 7542 27% Zen Summit Ridge 2017年
Core i5-7400 7391 26% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i5-6402P 7360 26% Skylake Skylake-S 2015年
Ryzen 3 2200G 7359 26% Zen Raven Ridge 2017年
Core i5-6600T 7302 26% Skylake Skylake-S 2015年
Core i5-6500 7233 26% Skylake Skylake-S 2015年
Core i5-7500T 7144 25% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Ryzen 3 1200 6843 24% Zen Summit Ridge 2017年
Core i5-6400 6761 24% Skylake Skylake-S 2015年
Core i3-7350K 6623 23% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i3-7320 6557 23% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i5-7400T 6448 23% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i3-7300 6442 23% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i5-6500T 6232 22% Skylake Skylake-S 2015年
Core i3-6320 6046 21% Skylake Skylake-S 2015年
Core i3-6300 5856 21% Skylake Skylake-S 2015年
Core i3-7100 5798 20% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
A10-7890K 5749 20% Steamroller Godavari 2014年
Core i5-6400T 5605 20% Skylake Skylake-S 2015年
Athlon X4 880K 5600 20% Steamroller Godavari 2014年
A12-9800 5558 19% Excavator Bristol Ridge 2015年
Core i3-6098P 5537 19% Skylake Skylake-S 2015年
A10-9700 5501 19% Excavator Bristol Ridge 2015年
Core i3-6100 5494 19% Skylake Skylake-S 2015年
A10-7870K 5486 19% Steamroller Godavari 2014年
A10-7850K 5483 19% Steamroller Kaveri 2014年
A8-8650 5470 19% Steamroller Godavari 2014年
Athlon X4 860K 5450 19% Steamroller Kaveri 2014年
Athlon X4 845 5445 19% Excavator Carrizo 2015年
Core i3-7300T 5366 19% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Athlon X4 950 5335 19% Excavator Bristol Ridge 2015年
Athlon X4 870K 5326 19% Steamroller Godavari 2014年
Pentium G4620 5266 18% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i3-6300T 5253 18% Skylake Skylake-S 2015年
Pentium G4600 5140 18% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
A10-7700K 5134 18% Steamroller Kaveri 2014年
A8-7600 5109 18% Steamroller Kaveri 2014年
A10-8750 5103 18% Steamroller Godavari 2014年
A10-7860K 5098 18% Steamroller Godavari 2014年
A8-7670K 5072 18% Steamroller Godavari 2014年
A12-9800E 5060 18% Excavator Bristol Ridge 2015年
Core i3-7100T 5059 18% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Athlon X4 840 5030 18% Steamroller Kaveri 2014年
A10-7800 5008 18% Steamroller Kaveri 2014年
A8-9600 5001 17% Excavator Bristol Ridge 2015年
A8-7650K 4918 17% Steamroller Kaveri 2014年
Pentium G4560 4892 17% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Core i3-6100T 4843 17% Skylake Skylake-S 2015年
A10-9700E 4775 17% Excavator Bristol Ridge 2015年
FX-770K 4766 17% Steamroller Kaveri 2014年
Pentium G4600T 4328 15% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Pentium G4520 4195 15% Skylake Skylake-S 2015年
Pentium G4560T 4047 14% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Pentium G4500 3869 13% Skylake Skylake-S 2015年
Pentium G4400 3577 12% Skylake Skylake-S 2015年
Pentium G4500T 3471 12% Skylake Skylake-S 2015年
Celeron G3920 3412 12% Skylake Skylake-S 2015年
Celeron G3950 3334 11% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Pentium G4400T 3245 11% Skylake Skylake-S 2015年
A6-8550 3104 11% Steamroller Godavari 2014年
Celeron G3930 3070 11% Kaby Lake Kaby Lake-S 2017年
Celeron G3900 3040 10% Skylake Skylake-S 2015年
A6-9500 2963 10% Excavator Bristol Ridge 2015年
Celeron G4900T 2960 10% Coffee Lake Coffee Lake-S 2017年
Celeron G3900T 2902 10% Skylake Skylake-S 2015年
A6-7470K 2817 10% Steamroller Godavari 2014年
A6-7400K 2791 10% Steamroller Kaveri 2014年


デスクトップパソコン向け CPU(スモールコア)

2018年04月26日更新
製品 PassMark
Score
PassMark
Ratio
マイクロ
アーキテクチャ
開発
コードネーム
発売年
Pentium Silver J5005 2987 10% Goldmont Plus Gemini Lake 2017年
Athlon 5370 2898 10% Jaguar Kabini 2013年
Athlon 5350 2598 9% Jaguar Kabini 2013年
Pentium J4205 2299 8% Goldmont Apollo Lake 2016年
Celeron J3455 2145 7% Goldmont Apollo Lake 2016年
Athlon 5150 2094 7% Jaguar Kabini 2013年
Pentium J3710 1970 7% Airmont Braswell 2015年
Celeron J3160 1782 6% Airmont Braswell 2015年
Sempron 3850 1707 6% Jaguar Kabini 2013年
Celeron J3355 1258 4% Goldmont Apollo Lake 2016年
Celeron J3060 983 3% Airmont Braswell 2015年
Sempron 2650 940 3% Jaguar Kabini 2013年

動画編集にスモールコアの CPU を選ばない方が良い

性能比較表は、ビッグコアのマイクロアーキテクチャの CPU とスモールコアのマイクロアーキテクチャの CPU に分けましたが、スモールコアの CPU は総じて性能が低いです。

ビッグコアの CPU でも性能はピンキリであり、中には動画編集に向いていない低性能 CPU もありますので注意が必要です。

・スモールコアの CPU は性能が低く動画編集に不向き
・ビッグコアの CPU でも低性能 CPU は動画編集に不向き

コストパフォーマンスも考えると動画編集には Core i7 や Ryzen 7 を選ぶのがおすすめ

動画編集のためにデスクトップパソコン向け CPU を選ぶなら、基本的に高性能 CPU を選ぶ方が良いです。特に4K動画編集やVR動画編集等、従来の動画編集よりもパソコンに高い負荷がかかる新しい動画編集を行うなら、高性能 CPU を選ぶことが重要です。

インテル社のデスクトップパソコン向け CPU では、Core i9 や Core i7 が高性能 CPU に当てはまりますが、Core i7 が選択の目安です。

Core i9 は非常に性能が高いですが価格も非常に高いです。自分にとって動画編集では Core i9 でないと困るほど性能が不足するなら選ぶと良いです。Core i7 は性能が高く価格も高いですが、Core i9 よりは価格が安くなるため購入しやすいです。

AMD 社のデスクトップパソコン向け CPU は、Ryzen というブランドが登場する前は高性能 CPU に弱く動画編集におすすめできるような CPU がありませんでしたが、Ryzen が登場してからはあります。

Core i9 と同様に Ryzen Threadripper は非常に性能が高いですが価格も非常に高いです。AMD 社のデスクトップパソコン向け CPU を選ぶなら、Ryzen 7 を選択の目安にすると良いです。

・動画編集には Core i7 や Ryzen 7 が選択の目安

動画編集で Core i7 や Ryzen 7 の性能が不要なら Core i5 や Ryzen 5 を選ぶのがおすすめ

動画編集に必要な性能の高さは人それぞれですが、自分にとって Core i7 や Ryzen 7 は性能が高すぎるようなら、Core i5 や Ryzen 5 を選ぶと良いです。Core i5 や Ryzen 5 は、標準的な性能を持ち価格とのバランスが取れています。

例えば、解像度はフル HD までの動画しか扱わず、動画の切り貼り、動画にテロップを入れる、エフェクトを同時に数個かけるくらいなら、Core i7 や Ryzen 7 だと性能が高すぎますので、Core i5 や Ryzen 5 の性能で十分です。

Core i5 や Ryzen 5 よりも性能が低い Core i3 や Ryzen 3 でも十分かもしれません。Core i3 や Ryzen 3 は、性能が低く価格も低いので購入しやすいですが、自分にとって十分な性能なのか慎重に判断する必要があります。

ただし、いずれ動画編集で解像度が高い動画を扱う、または複雑な動画編集を行うようになり高性能 CPU が必要になったら、性能不足となるリスクがあります。高性能 CPU が必要になる可能性を考慮するなら、高性能 CPU である Core i7 や Ryzen 7 を選ぶと良いです。

・動画編集で高性能 CPU が不要そうなら Core i5 や Ryzen 5 が選択の目安

おすすめ動画編集用パソコン販売店

動画編集用パソコンは、自分にとって必要な性能等を見極められるのであれば、各ショップで、一般に市販されている高性能モデルで十分です。ショップによっては、動画編集向けの仕様となっている動画編集用モデルを販売しています。

以下は、おすすめな動画編集用パソコン販売ショップ一覧です。
マウスコンピューター
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している数少ない国内メーカーです。コストパフォーマンスの高さも評価されて、様々な業務現場で採用された実績があります。
Dell
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している海外メーカーです。世界トップクラスのシェアを獲得しており、国内外の映像・音楽制作の現場でプロのクリエイターにも愛用されています。
ドスパラ
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売しているショップブランドです。クリエイターによって使用目的や求めるハードウェア条件が異なる事を考慮した選びやすいラインナップを展開しています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集
軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートもお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
Dell
・クリアランスセール
人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・大特価市
SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさん
(5月31日迄)
パソコン工房
・PC BIGバザール
厳選したBTOパソコンが期間限定プライスダウン
(5月29日迄)

動画編集用パソコンの選び方
動画編集用パソコンの選び方



コラム - クリエイターパソコン

CPU 性能比較早見表

デル株式会社



プロセッサー・ナンバー

モデル・ナンバー