パソコンの購入場所の選び方 - ビギナーズ

最終更新日 2015年10月18日

家電量販店

展示品の存在

パソコンを販売している家電量販店では、たいてい展示品がありますので、パソコンを実際に触ってみることができます。家電量販店では、各パソコンメーカーの主力モデルを展示している事が多いです。展示品は、起動状態になっている事が多く、キーボードの感触や液晶モニターの画質などを確かめる事ができます。お店によっては、実際にパソコンのスペックを体感できるように、PC ゲーム等が使えるようになっており、性能の高さを実感できるようになっています。

店員に商品についてたずねられる

たいていの家電量販店には、パソコンの専門知識を持った人がいるので、パソコンの購入について相談すれば良いアドバイスがもらえるでしょう。ただし、休日などは混雑して店員も忙しいので、なかなか相談できないかもしれません。

価格

家電量販店で販売されているパソコンは、人件費等の影響でメーカー直販よりも若干価格が高い場合がありますが、それほど大きな差はありません。逆に、展示品処分等の特価セールスで、メーカー直販より安い場合があります。しかし、中にはそれほど値下げせずに販売している家電量販店もあります。大手家電量販店と認識されるショップでも価格が高いと感じたことが少なからずあります。私の経験上、複数の大手家電量販店が近場に建っているような所では、各ショップで価格競争をしているせいか安い場合が多いと感じます。

ラインナップ

家電量販店では、たいていよく売れる標準仕様のパソコンを販売しています。高価格なハイスペックモデルや、低価格なエントリーモデルは売れる可能性が高くないので、よほど大きいお店で無いと販売されていないことが多いです。

配送サービス

家電量販店で購入したパソコンは、在庫がないときを除いて持ち帰れますが、ノートパソコンは大丈夫として、デスクトップパソコンはサイズが大きく重いので、持ち運ぶのが大変です。よって、お店が郊外にあって車が使えるなら、車で買いに行ったほうがいいでしょう。都心等の狭い道が多く、渋滞が多い所へ車で行くのは大変ですが、お店ではパソコン購入者に対して、たいてい無料宅配サービスがつくことが多いので、少々待てるなら自宅へ配送してもらうのがおすすめです。

メーカー直販ショップ

購入方法

パソコンを製造するメーカーの多くは、直販ショップも運営しています。インターネットや電話等でメーカー直販ショップにパソコンを注文して購入する事ができます。

新聞広告や書籍等に掲載されているメーカーの広告で、電話での注文についての説明がある場合があります。またインターネットでメーカー直販ショップを探して見るのも良いでしょう。店頭と違ってインターネットの直販ショップには、パソコンについての最新の情報や性能、機能、さらに使用されている各 PC パーツの詳細についてまで詳しく書かれています。自宅でゆっくりといろんなメーカーのパソコンの比較をしたり、じっくりと自分に合ったパソコンを決めることができます。

パソコンの仕様を変更して注文できる

メーカー直販ショップでは、BTO ( Build To Order ) と呼ばれる販売方式をとっているショップが多いです。BTO では、パソコンの各 PC パーツを自分で選択して注文できますので、より自分好みのパソコンを購入する事ができます。1から PC パーツを指定するわけでないので難しくありません。まずパソコンの形、または機能別にショップがおすすめする仕様のパソコンが用意されていて、その中からモデルを選択し、さらにそのモデルに適した PC パーツの候補が幾つか挙げられていますのでその中から選んでいきます。パソコン初心者にとってもそれほど難しくないので、自分に合ったパソコンを手に入れたい方におすすめです。

この BTO の大きな魅力は、店頭で買うのと違ってパソコンの仕様を自分でオーダーできることです。CPU やメインメモリー、ハードディスクの容量、光学ドライブの選択、さらに OS や付属ソフトの選択、その他部品を自分で選んで注文することができるのです。店頭には無い自分オリジナルのパソコンを手に入れることができます。中には店頭には出さないでメーカー直販ショップでしか買えないモデルを用意しているメーカーもあります。このような限定モデルは大変人気が高くすぐ売り切れる事も珍しくありません。

価格

同じメーカーの同型モデルで比較すると、家電量販店での販売価格と、それほど大きな差はありません。メーカー直販ショップの方が安い事もあれば、高い事もあります。また、直販ショップでは、値下げキャンペーン等を実施する事が多いため、キャンペーン期間中であれば、より安く購入できます。

ラインナップ

メーカー直販ショップでは、そのメーカーで販売されている全てのモデルを扱っていますので、自社メーカーのモデルなら、全てあります。ただし、早期販売終了等によって、一部のモデルは購入できない事もあります。

配送サービス

メーカー直販ショップでは、基本的に配送料金が発生しますが、店頭まで買いに行く労力や交通費、またはメーカー直販ショップならではの価格の安さを考えれば気にならないでしょう。メーカー直販ショップは、近くにパソコン販売店がない方や、多忙な方ににとって大変便利です。

アウトレットモデル

メーカー直販ショップではアウトレットと呼ばれる売れ残った在庫品を安く売っているところもあります。たいていのアウトレットモデルは、一番新しいモデルより一つ前のモデルになりますが、オーバースペックといわれるほどパソコンは進化しましたので、多少古いモデルでもまだまだ使えます。例えば今より一つ前の時期のハイエンドモデルを買えば安くてお得です。

パソコンショップ

ショップブランドや PC パーツを販売している

ここで言うパソコンショップとは、ショップブランドやパソコン周辺機器、PC パーツ 等を専門に販売しているショップの事を意味します。ショップブランドとは、オリジナルパソコンとも呼ばれ、自作パソコンを代わりにパソコンショップで組み立ててもらったようなものとイメージするとわかりやすいと思います。

購入方法

たいていのパソコンショップは、全国各地にお店を持ち、オンラインショップでの販売も行っています。パソコンショップの中には、オンラインショップのみで販売を行っているショップもあります。実際に店舗に足を運び購入するなら、家電量販店のように、商品を購入できますが、多くのパソコンショップは、全国隅々まで店舗が展開されていないので、店舗が近場にない方は、オンラインショップを利用するのがおすすめです。

パソコンの仕様を変更して注文できる

メーカー直販ショップと同様に、オンラインショップでは BTO に対応したモデルを販売しています。特にパソコンショップでは、選べる PC パーツの種類が多いため、その組み合わせパターンは膨大です。よって、メーカー直販ショップよりも、より個性的なパソコンを購入できます。

価格

ショップブランドは、スペックの割りに価格が安く、コストパフォーマンスが高いのが大きな魅力です。メーカー製パソコンと比べると、筐体のデザインや詳細なマニュアル、プリインストールソフト数など、付加価値の点で劣る部分がありますが、CPU やメインメモリー容量などの基本性能に関しては、しっかり備わっています。また、パソコンショップの店頭価格とオンラインショップの価格は、一緒か、差があっても大きな差は出ません。ただし、店頭ならではの特売セール等によって、価格に差が出る事はあります。

ラインナップ

ショップブランドの大半は、デスクトップパソコンタワー型です。それ以外のタイプとなるモデルは、パソコンショップによっては販売されていない事もあります。ただし1つのモデルで選べる PC パーツの種類は豊富で、メーカー製パソコンでは見られないような珍しい PC パーツが搭載可能だったりしますので、PC パーツの組み合わせパターンは非常に多いです。

配送サービス

店頭で購入する場合は配送サービスにするかしないか選べますが、オンラインショップでは配送サービスを利用する事になります。ショップによっては配送サービスが無料になっていますが、たいていのショップは、有料か一定金額以上購入で無料になっています。

PC パーツのラインナップが豊富で安い

パソコンショップでは、多種類の PC パーツを販売しており、かつ価格が安いのが大きな魅力です。パソコンの聖地秋葉原に並ぶパソコンショップでの販売価格に匹敵するほど安く販売しているパソコンショップもあります。現地の店頭ならではのセールス価格より高い場合もありますが、現地までに行く労力や交通費を考えれば気にならないでしょう。 家電量販店やメーカー直販ショップでもPCパーツの販売も行っているところがありますが、たいてい PC パーツのラインナップが少なく、価格があまり安くありません。

メリット、デメリット

メリット デメリット
家電量販店 商品について店員に相談できる。

買ってそのまま持ち帰れる。

独自の保証サービス、アフターサービスがあるお店が多い。
人件費等が入るので他と比べるとやや割高になりがち。

パソコンの種類が少ない。

それぞれのパソコンの性能や機能の比較がしにくい。
メーカー直販
ショップ
直販なので店頭で買うより安いことが多い。

モデル数が多く、メーカー直販のみで購入できる限定モデルもある。

個性的で多様なパソコンの販売をしており選ぶ楽しさがある。

注文するときパソコンに搭載されるPCパーツやソフトの変更ができる。

それぞれのパソコンの性能や機能の比較がしやすい。
注文してから自宅へ宅配されるまで数日待つ必要がある。

自社開発の PC ケースを採用してるので、パソコン本体のデザインの種類がやや少なめ。
パソコン
ショップ
BTO に対応しており、選べる PC パーツの種類が多い。

奇抜なデザインの PC ケースを採用したモデルや、水冷式モデルなど、メーカーでは見られないような仕様のモデルがある。

スペックの割りに価格が安い。
オンラインショップでの購入の場合、注文してから自宅に届くまで数日待つ必要がある。

デスクトップ一体型やノート型のモデルは少なめ。

どこで買うのが一番か

どこが一番かは人それぞれ

どこで買うのが一番かは決められません。それぞれメリット、デメリットが異なるため、どのショップで買うのがいいか人それぞれです。 また、同じメーカー直販ショップでも、メーカーによって特色が異なります。家電量販店やパソコンショップも同様です。

ここでは家電量販店、メーカー直販ショップ、パソコンショップの3つに分けましたが、メーカー直販ショップとパソコンショップの境界は曖昧で、メーカー直販ショップであっても、パソコンショップの特徴やメリット、デメリットに当てはまる場合もあります。そのため、実際にショップで売られているパソコンの価格やラインナップ等を確認し、ショップごとに自分にとって合うのか確認する事が重要です。


キャンペーン情報
富士通
・GWセール
クーポン利用で17〜24%OFF等の11大特典
(5月8日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で26%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で23%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年5月15日迄)