アルミ電解コンデンサの電解紙の役目とは?

最終更新日 2019年10月11日

アルミ電解コンデンサの電解紙の役目とは

アルミ電解コンデンサの構造を見ると、電解紙(セパレータ紙)は必須ではないように見えます。

アルミ電解コンデンサの特徴と使い方 によると、電解紙は電解液の保持と構造材としての役目があると書かれています。

陽極アルミニウム電極箔と陰極アルミニウム電極箔(見かけの陰極)に電解紙を挟まないと、真の陰極となる電解液が存在しない部分が出てくるため、電解液を含ませた電解紙を挟む必要があると考えられます。

同記事には、アルミ電解コンデンサ製造過程にて、陽極アルミニウム電極箔と陰極アルミニウム電極箔を互いに接触しないように絶縁性の電解紙を挟み円筒状に巻き取ると書かれていますので、両者が互いに接触しないための構造材としての役目があると考えられます。

しかし、両者が互いに接触しないようにしなければならない理由はあるのか書かれていません。

同記事には、誘電体である酸化皮膜に欠陥ができると、その部分から電気が流れアルミ電解コンデンサがショートしてしまいますが、電解液には酸化皮膜を修復することができると書かれています。

もし電解紙がなく、酸化皮膜の欠陥が発生した場所にて陽極アルミニウム電極箔と陰極アルミニウム電極箔が互いに接触してしまうと、その場所には電解液がなく酸化皮膜の修復が行われず、ショートしたままになってしまうので電解紙が必要と考えられます。

陽極アルミニウム電極箔と陰極アルミニウム電極箔を接触しないようにする理由ではなく違うかもしれませんが、少なくとも電解紙の役目は電極箔同士の接触防止と電解液の保持であることは間違いないと思います。

他の記事でも電解紙の役目について同様に書かれています。

FXRA/GXRAシリーズ高リプル電流対応 ネジ端子形アルミ電解コンデンサ では、セパレータである電解紙は、陽極アルミニウム電極箔と陰極アルミニウム電極箔の接触を防止することと、電解液を保持する役割を持っていると書かれています。

日本ケミコン株式会社 / 技術Topics では、「セパレータ紙は陽極はくと陰極はくとの機械的接触を避けるとともに、電解液を含浸保持する働きを担っている。」と書かれています。

・電解紙の役目は、電解液の保持、陽極アルミニウム電極箔と陰極アルミニウム電極箔の接触防止


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)