バッテリーの完全放電ダメ、20%切ったら充電は間違い

最終更新日 2021年10月28日

バッテリーの完全放電ダメ、20%切ったら充電は間違いなのか

ここで記載するバッテリーとは、リチウムイオンバッテリーを指します。バッテリーを完全放電させると劣化し寿命が縮むので、20%切ったら充電するとよいと見聞きします。

某電機メーカーの人に聞いてみたところ、ノートパソコンでもスマートフォンでも完全放電させても長期間放置しなければ問題ないそうです。完全放電させるだけであれば、劣化が進むこともなければ寿命が縮むこともないそうです。

完全放電ダメ、20%切ったら充電するとよいと解説している記事を公開しているウェブサイトの中で、探した限りでは最も公開年月日が古い記事があるウェブサイトに問い合わせてみました。

その回答内容によると、完全放電し長期間放置がダメという話を見聞きした当時、勘違いしてしまい完全放電させる時点でダメと解釈してしまったそうです。

某スマートフォンを使用していると残量が20%を切ると残量が少ないことを知らせるメッセージが表示されるのを見て、完全放電がダメなのでメッセージが表示されるのであり、20%切ったら充電がよいと判断してしまったそうです。

つまり、実際には完全放電させると劣化し寿命が縮むという話を見聞きしたことがなく、某スマートフォンで残量が20%を切ったらメッセージが表示される理由を知らないそうです。

あくまでも仮説ですが、このウェブサイトの記事から誤情報が広まった可能性があります。何にせよバッテリーを完全放電させても問題がなく、残量が20%を切っても充電をする必要がありません。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
ブラックフライデーセール
最大75,000円OFF!!
(11月30日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコンがお買い得
最新パソコンがクーポンで最大38%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・ボーナスセール
ゲーム・クリエイト用途をはじめ、オンライン授業やテレワークに最適なパソコン・周辺機器ラインナップをご用意
(11月29日迄)