オペランドとは?

最終更新日 2019年10月11日

オペランドとは何か

オペランド - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2008年4月16日)
演算子によって演算の対象とされる値や変数のこと。演算数、被演算子とも呼ばれる。
operand(オペランド)の意味 - goo国語辞書 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
コンピューターのプログラムで、演算の対象となる数値や変数のこと。演算の内容を指示する記号はオペレーターまたは演算子という。被演算子。
以上いろいろな記事を見てきましたが、演算子(オペレーター)による演算の対象となる数値や変数を、オペランドと呼ぶようです。

演算子とは計算式に出てくる記号であり、どのような演算を行うのか意味します。例えば + は加算をする演算子、- は減算をする演算子です。

例えば、数値 2 に変数 a を加算する場合、2 + a と書きますが、2 と a はオペランド、+ は演算子となります。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)

論理演算



デル株式会社