SkylakeのCPUに大型CPUクーラーを取り付けると破損する?

最終更新日 2019年10月11日

Skylake の CPU に大型 CPU クーラーを取り付けると破損するのか

通常は CPU に CPU クーラーを取り付けても破損することはありませんが、Skylake の CPU に大型 CPU クーラーを取り付けると破損する可能性があるようです。

IntelのCPU「Skylake」がサードパーティ製CPUクーラーで損傷する危険性 - GIGAZINE には、以下のとおり書かれています。
ドイツのPCゲームサイト「PCGamesHardware.de」は、第6世代Intel Coreプロセッサー「Skylake」シリーズのCPUに、サードパティ製の大型CPUクーラーを装着した場合、PCケースの移動などによって衝撃が与えられたときに、CPUクーラーのヒートシンクによってCPUが破損する恐れがあると報じています。PCGamesHardware.deによると、大型ヒートシンクを取り付けた際の圧力によってCPUの基板が曲がることがあるとのこと。
以前から大型 CPU クーラーはありましたが、なぜ Skyalake の CPU だと破損することがあるのか。同記事によると、Skyalake の CPU は前世代よりも基板が薄くなっており、CPU クーラーが大きくて重かったり、CPU 取り付け時の圧力が高いと破損しやすいそうです。

Skyalake の CPU と大型 CPU クーラー搭載パソコンを輸送する場合は、大型 CPU クーラーを取り外しておく方が良さそうです。また、大型 CPU クーラーを取り付ける際は、強い圧力がかからないように注意が必要のようです。

【やじうまPC Watch】Skylakeに大型CPUクーラーを装着すると破損する恐れ 〜クーラーメーカーが声明を発表 - PC Watch でも、同様の問題を掲載しています。
 Skylakeこと第6世代Coreプロセッサに大型のCPUクーラーを装着したまま輸送などを行なった場合、CPUおよびマザーボードが破損してしまうという問題を、海外のいくつかのメディアが報じている。

 ご存知の通り、SkylakeはHaswell/Broadwell世代と比較してCPUの基板が薄型化されているが、これにより大型で重いCPUクーラーを装着した場合、輸送中の衝撃などで基板が折れてしまう恐れがあるという。
同記事によると、サイズの CPU クーラーでは「Mugen 4」、「Mugen 4 PCGH-Edition」で問題が発生するそうですが、ネジを緩めることで対処できるそうです。

CRYORIG の CPU クーラーでは、上位の「R1」や「H5」等はスプリング付きネジを採用しているので問題は起きず、下位の「H7」、「M9」、「C7」等はバックプレートが外部の力を和らげるので問題は起きないそうです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)