CPUのスレッド

最終更新日 2021年07月16日

CPUのスレッドとは

CPUのスレッドとは、コアで行う処理の単位です。

同時に処理できるスレッドの数がスレッド数です。

1コアあたりのスレッド数が1の場合、コア数とスレッド数が同じです。

CPUによっては1コアあたりのスレッド数が2であり、スレッド数がコア数の2倍です。

コア数が同じの場合、スレッド数が多いほど高性能です。

例えば、4コア4スレッドよりも4コア8スレッドの方が高性能です(コア数やスレッド数以外の仕様は同じとする)。

スレッド数が同じの場合、コア数が多いほど性能が高いです。

例えば、2コア4スレッドよりも4コア4スレッドの方が高性能です(コア数やスレッド数以外の仕様は同じとする)。

マルチスレッディング

1コアで同時並行に複数のスレッドの処理を可能にする技術があります。

今のところ1コアあたり2スレッド同時並行に処理が可能なので、スレッド数はコア数の2倍です。

性能向上効果の大きさは処理によって違いますが、平均的に見て約20%程度向上します。

インテルとAMDどちらも同じような技術を開発し、インテルの技術はハイパースレッディング・テクノロジーと呼びます。

全てのCPUが対応しているわけではなく、コア数とスレッド数が違い、コア数よりもスレッド数の方が多いと対応しているとわかります。

物理コアと論理コア

コアとスレッドは、それぞれ物理コアと論理コアと呼ぶこともあります。

コアは、物理的に存在するコアなので物理コアです。

スレッドは、OSやアプリケーションでは実際に存在するコアのように認識し、論理的に存在するコアなので論理コアです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋売り尽くしセール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(10月27日迄)
DELL
・お客様感謝セール
最新のおすすめPCがクーポンで最大20%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・買替応援SALE
Windows 11アップグレード対応ゲーム・クリエイターPC勢揃い
(10月26日迄)