IllustratorではGeForceとQuadroどちらが良い?

最終更新日 2019年10月11日

Illustrator の対応 GPU を見る限りでは GeForce と Quadro どちらでも良いのか

Adobe Illustrator の必要システム構成 にて、Illustrator CC の必要システム構成(Windows)を見ると、GPU については以下のとおり書かれています。(この記事の最終公開日は2018年10月16日)
OpenGL 4.x

オプション:GPU パフォーマンスを使用するには、Windows に 1 GB 以上の VRAM(4 GB 以上を推奨)があり、コンピューターで OpenGL バージョン 4.0 以降がサポートされている必要があります。
Illustrator は OpenGL を利用するソフトウェアのようですので、何となくファームウェアやドライバが OpenGL に最適化されている Quadro なら高いパフォーマンスを発揮しそうなので Quadro を選ぶ方が良さそうです。

しかし、OpenGL を利用するソフトウェアなら Quadro が高いパフォーマンスを発揮するとは限らず、GeForce と比べてあまり変わらない可能性があります。

同記事にて「サポートされているビデオアダプター」を見ると、GeForce と Quadro どちらもありますので、GeForce では無効になるが Quadro だと有効になる機能は Illustrator にはないようです。

Illustrator ではコストパフォーマンス重視なら Quadro ではなく GeForce が良いのか

【PR】【パソコン実験工房PC Watch出張所 - Supported by パソコン工房】Adobeの「Illustrator」が快適に動くPC【前編】〜Adobe担当者、日清食品のトップデザイナーとともにスペックを検討する - PC Watch には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2017年1月17日)
【司会】ではGPUですが、これはIntelの内蔵グラフィックスでもアクセラレーションが効きますか? また、GeForce GTX 1080やTITAN Xと言ったハイエンドGPUはIllustratorにとって過剰なのでしょうか。

【岩本】はい、Intel内蔵グラフィックスでもOpenGLを使ったアクセラレーションが働いています。描画をGPUが肩代わりし、全体のパフォーマンス向上に寄与していると思います。ゲーミング向けGPUは、Illustratorにとって過剰だと思います。
同記事には Quadro の話は出てきませんが、性能が高い方の GeForce だと Illustrator にとってはオーバースペックのようです。

Illustrator では GPU に依存する処理が少ないようですので、コストパフォーマンスの高さを重視して中間的な性能を持つ GeForce を選ぶ方が良いと考えられます。

仮に GeForce よりも Quadro の方が高いパフォーマンスを発揮するとし、Quadro の方がコストパフォーマンスが高ければ、この記事に Quadro の話が出てくるはずなので、コストパフォーマンス重視なら GeForce と考えて良いと思います。

Illustrator で Quadro が必要になる場合とは何か

Quadro は GeForce と違って RGB 各色10ビットカラー出力に対応していますが、この機能が必要であれば GeForce ではなく Quadro を選ぶ必要があります。

Quadro は GeForce よりも表示精度、長時間に渡る高負荷動作の安定性、耐久性に優れていますが、GeForce も十分優れています。

まずは GeForce を導入してみて表示精度、安定性、耐久性に問題があるようなら、Quadro を導入すれば良いです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・シングルデーセール
モバイルノート、ゲーミングPCほか、クーポンで最大20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月7日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)

イラストとGPU