倍速駆動とは?

最終更新日 2019年10月11日

倍速駆動とは何か

「倍速駆動」――液晶を倍速駆動させるその効果は? - ITmedia NEWS には、倍速駆動について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2007年10月11日)
120枚/秒のコンテンツを再生するわけではなく、テレビ側で60枚/秒のプログレッシブ映像を補完処理し、2倍の120枚/秒に増やして再生しているのだ。
EIZOが再び放つ、ゲームモニターセンセーション! 表示遅延、業界最速0.5フレーム。そして業界初のバーチャルサラウンドヘッドホン機能の搭載 FORIS FX2301TV には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
 さて、最近、液晶テレビでは一般的になりつつある「倍速駆動」という機能だが、これは入力映像信号の倍のレート(例えば60Hz信号の場合は120Hz)で映像を表示するものだ。こうした製品でも映像フレームをバッファリングするが、今、入力された現在フレームと1つ前のフレームとの中間フレームを生成してこれを表示してから、現在フレームの表示に移る。文字通り、倍速なのだから処理の単位時間は1/60秒ではなく1/120秒となる。
【西川善司】4Kテレビをディスプレイとして選ぶときに理解しておきたい「倍速駆動」の話。「多画面環境2017」の話題を添えて - 4Gamer.net には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2017年9月16日)
 倍速駆動は,この毎秒60コマの表示サイクルを,2「倍」である毎秒120コマへ拡張するものになります。
以上いろいろな記事を見てきましたが、倍速駆動とは映像のフレームレートを上げる技術のようです。

映像はパラパラ漫画のように静止画が高速に切り替わることで動いているように見えますが、1秒間あたりの静止画の枚数がフレームレートです。

倍速駆動により、ある静止画と次に表示される静止画から両者の中間に位置する静止画を作成すればフレームレートが上がり、映像がよりなめらかになり残像が低減するようです。

フレームレート向上により映像がなめらかになることはイメージしやすいと思いますが、残像感が目立たなくなることはイメージしにいくいと思います。

液晶ディスプレイにはホールドボケという問題がありますが、まずこの問題について知っておくと残像が減ることがわかります。ホールドボケについては、 液晶ディスプレイのホールドボケとは? に掲載しています。

このホールドボケを解決する方法の一つに、フレームレートを向上させて映像をよりなめらかにする方法があります。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

倍速駆動



マウスコンピューター/G-Tune