なぜ液晶ディスプレイはガンマ値2.2が多い?

最終更新日 2019年10月11日

液晶ディスプレイはガンマ値2.2が多い理由とは

第1回:リニアワークフローについて<その1> | fieldjamのDesignVizエッセンス | AREA JAPAN には、以下のとおり書かれています。
ガンマ値を2.2にしたのは、Windows環境のディスプレイは2.2が多いためです。
ガンマ補正 - 京都芸大 藤原隆男のページ (T. Fujiwara's Page) には、以下のとおり書かれています。
γ (ガンマ) の値は,ディスプレイの機種や設定によって若干異なるが標準は 2.2 である。
液晶ディスプレイのガンマ値は2.2が多いようですが、なぜなのでしょうか。

第7回 "曲線美"が色再現性の決め手になる?――液晶ディスプレイの「ガンマ」を知ろう | EIZO株式会社 には、以下のとおり書かれています。
 PCのOSがWindowsの場合は、ガンマ値が「2.2」のディスプレイを使うと、理想に近い色を再現できることが多い。 Windowsはガンマ値「2.2」のディスプレイを使うことを想定しているからだ。このことから、Windows標準のガンマ値は「2.2」といわれており、 大半の液晶ディスプレイはガンマ値「2.2」に合わせて設計されている。
Windows はガンマ値の液晶ディスプレイを使うことを想定して設計されているので、液晶ディスプレイのガンマ値は2.2が多いようです。


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)