リフレッシュレートが30Hzだと不十分で60Hz以上あれば十分?

最終更新日 2021年03月19日

リフレッシュレートが30Hzだと不十分で60Hz以上あれば十分なのか

パソコンと液晶ディスプレイはどうつなぐ?映像入出力を理解する(2ページ目) | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/02/06)
 映像をスムーズに表示するには、リフレッシュレートが60Hz以上であれば問題ないとされる。リフレッシュレート30Hzの設定でデスクトップを利用してみると、動画再生はもちろん、アプリのウィンドウを移動するにもカクカクとコマ落ちするような不自然な動きになる。ただビジネス書類のような動きの少ないアプリなら、30Hzでも問題にはなりにくい。
そろそろ視力も曲がり角。“オトナ”に最適なPC画面表示はこれで! 〜老眼には「4Kディスプレイ」が効く!? - PC Watch には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/12/05)
30Hz表示だとマウスポインタが画面上をワープするように移動するため、視認性はきわめて悪い。
機種ごとの違いを確認、マルチディスプレーの鍵を握る映像出力端子(3ページ目) | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2020/09/09)
 4K解像度の液晶ディスプレーは、HDMIだと30Hzまでしか対応しないことがある。この状態だとウィンドウをドラッグ&ドロップで移動する際にカクカクとしたコマ落ち感を覚える。画面書き換えの頻度が高い動画視聴ではなおさらだ。
以上いろいろな記事を見てきましたが、ディスプレイのリフレッシュレートが30Hzだと不十分で60Hz以上あれば十分のようです。

リフレッシュレートが30Hzだと動画、ウィンドウの移動、マウスポインタの移動等がカクカクとコマ落ちするように表示されるようです。

ウィンドウの移動やマウスポインタの移動であればスムーズに表示されなくても多くの人が気にしないと思われますが、動画だと気にする人が多いと思われます。

たいていの人はディスプレイを動画の視聴に使うと思いますので、リフレッシュレートが60Hz以上のディスプレイを選ぶとよいです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月23日迄)
DELL
・お客様感謝セール
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・先取りボーナスセール
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(6月22日迄)