外付けHDDケースをUSB 2.0→USB 3.0で速くなる理由

最終更新日 2023年09月07日

外付けHDDケースをUSB 2.0→USB 3.0で速くなる理由とは

USB 2.0ではボトルネック

外付けHDDケースをUSB 2.0対応製品からUSB 3.0対応製品に替えるとデータ読み書き速度が向上します。USB 2.0の最大速度480Mbpsではボトルネックになるためです。外付けHDDケースを接続し使用するパソコンもUSB 3.0対応の必要があります。

USB 3.0の最大速度は5Gbpsです。外付けHDDケース内部にある内蔵HDDに普及しているSerial ATA 3の最大速度6Gbpsに近く、USBを使用せずSerial ATA 3接続のときと同等のデータ読み書き速度が出ます。

速くならない場合もあり

古い内蔵HDDの中にはUSB 2.0の最大速度480Mbpsでもボトルネックにならない製品があります。このような製品を使用する場合、外付けHDDケースをUSB 3.0対応製品に替えてもデータ読み書き速度が変わりません。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・夏先取りセール
最大35,000円OFF!!
(6月19日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大31%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・超パソコン還元フェア
最大30,000円分ポイント還元
(6月10日迄)

HDDのインターフェース



デル株式会社