HDDのHAMR

最終更新日 2023年09月07日

HDDのHAMRとは

基礎

HAMR | Seagate 日本 より引用します。
HAMR技術は、磁気と熱の安定性を維持しながらデータ・ビットをより小さくして高密度に集約するという新しいタイプのメディア磁気技術を各ディスクで使用します。
HDDのHAMRとはHeat Assisted Magnetic Recordingの略で、データビットをより小さくして高密度に集約することを実現するデータ記録方式です。エイチエーエムアールと読みます。日本語では熱補助型磁気記録です。シーゲイト・テクノロジーが開発しました。

データビットを小さくすれば容量を増やせる

HDDの容量を増やすにはデータビットを小さくする必要があります。データビットとは、1ビットのデータを記憶する磁性体粒子の集まりです。磁性体粒子とは、プラッター表面に敷き詰められている微細な磁石です。データビットが小さくなるほど面記録密度を高くできます。面記録密度とは、単位面積当たりの容量です。

データビットが小さくなると生じる問題

データビットが小さくなるほど、近くのデータビットに影響を与えやすくなります。データビットの磁気が他のデータビットに影響し、他のデータビットの磁気が弱まりやすくなります。そこで常温で磁気方向の安定性が高いプラッターを使用すれば解決できます。しかし、これではデータを書き込むときに磁気方向を変えることができなくなります。

プラッターをレーザーで加熱し磁気方向を変える

磁気方向は温度が高いほど安定性が低くなり、磁気方向を変えやすくなります。HAMRではレーザーでデータ書き込み部分を加熱して温度を上げて磁気方向を変えやすくします。その間にヘッドが磁気方向を変えてデータを書き込みます。終わったら冷えるので、また磁気方向の安定性が高くなります。

HAMRに耐えられるプラッターの実現が難しかった

HAMRの仕組みが複雑ではありませんが、レーザーによる急加熱、その後の急冷却を繰り返しても問題がないほど耐久性が高いプラッターの実現が難しかったです。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・夏先取りセール
最大35,000円OFF!!
(6月19日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大31%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・超パソコン還元フェア
最大30,000円分ポイント還元
(6月10日迄)

HDDの記録方式



デル株式会社