M.2とNGFF(Next Generation Form Factor)は同じ?違う?

最終更新日 2020年06月14日

M.2とNGFF(Next Generation Form Factor)は同じものなのか違うものなのか

M.2 - Wikipedia には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2020/05/05)
M.2(エムドットツー)(旧称: Next Generation Form Factor、NGFF)は、コンピュータの内蔵拡張カードのフォームファクタと接続端子について定めた規格である。
M.2は、前はNGFFと呼ばれていたようです。記事全体を見ると、NGFFは古い規格、M.2はNGFFの後継となる新しい規格というような関係はないようです。

M 2 SSD - よくある質問 | Kingston には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
M.2 は標準管理組織である PCI-SIG と SATA-IO が作成したもので、PCI-SIG M.2 および SATA Rev. 3.2 の仕様に定義されています。 当初 NGFF (Next Generation Form Factor) と呼ばれていましたが、2013 年に M.2 と改名されました。しかし M.2 が依然として NGFF と呼ばれる場合が多いのも事実です。
この記事からも、NGFFは古い呼び方であり、M.2へ呼び方が変わったことがわかります。

間違えやすいSSD選び、ストレージ増強の知識まとめ | 日経クロステック(xTECH) には、M.2について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/08/01)
開発段階でNGFFと呼ばれていた。
この記事からも、NGFFは古い呼び方、M.2は新しい呼び方とわかります。

以上を参考にすると、M.2とNGFFは同じものと認識して良いようです。

・NGFFは古い名称、M.2はNGFFから改名後の名称であり、両者は同じものと思って良い


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)