SFF-8639

最終更新日 2021年11月15日

SFF-8639

SFF-8639とは

SFF-8639とはストレージのコネクターの規格です。PCI Expressを利用するために開発されました。SATAやSASと互換性を維持しています。各コネクターの物理的形状が違いますが、マザーボード側のSFF-8639のコネクターにストレージ側のSATAのコネクターやSASのコネクターも接続可能です。SFF-8639はU.2へ名称が変わりました。

SFF-8639とSATA Expressの違い

SFF-8639はSATA Expressよりも対応可能なPCI Expressのレーン数が多いがコストが高いです。レーン数とはPCI Expressにとってデータの通り道の数のようなものであり、レーン数が多いほど最大速度が速いです。SFF-8639はPCI Express x4まで、SATA ExpressはPCI Express x2まで対応可能です。コネクターの物理的形状が同じです。SFF-8639とSATA Expressは互換性がありません。

ホットスワップ

SFF-8639はホットスワップに対応しています。


キャンペーン情報
富士通
・WEB MARTスーパーセール
17〜25%OFF等の11大特典
(10月5日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(11月30日迄)

拡張インターフェース



デル株式会社