メインメモリー4枚挿しするとランク制限により認識しない?

最終更新日 2019年10月11日

メインメモリー4枚挿しするとランク制限により認識しないのか

メモリ編 1/2 - DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。
 メモリモジュールを4枚挿したときには、ダブルランクのモジュールであればランク数は8となり、チップセットの仕様によってはすべてを正常に認識できないこともある。片面実装タイプのモジュールはシングルランクなので、こうした制限には引っかかりにくいことを覚えておこう。
同記事によると、マザーボードにあるチップセットがメインメモリーを管理するための単位であるランク数がメインメモリーによって異なるそうです。

ダブルランクのメインメモリー4枚だとランク数は2×4で8ですが、チップセットによってはランク数の制限を超えてしまい一部のメインメモリーを認識できないようです。

例えばチップセットのランク数の制限が4だとしたら、ダブルランクのメインメモリー2枚でランク数は4なので、2枚のメインメモリーまで認識し、他の2枚のメインメモリーを認識しないと考えられます。

シングルランクのメインメモリーなら4枚でもランク数は4なので、全てのメインメモリーを認識すると考えられます。

独自拡張によりチップセットのランク数の制限を超えても認識するのか

DOS/V POWER REPORT の記事は、2008年10月号のものです。

メインメモリーのランクはあまり問題になることはないせいか、メインメモリーのランクの制限について扱う記事はなかなか出てきませんが、 「ASUSならDIMM 8枚差しでも大丈夫」。ASUS,X79マザーボードの品質と機能をアピール - 4Gamer.net には、メインメモリーのランクの制限について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2011年11月14日)
 ASUSのエンジニアであるSinting Chen(シンティン・チェン)氏いわく,「Intelのデザインガイドだと,Dual Rankモジュール4枚,Single Rankモジュール8枚がX79の限界だが,ASUSではこれを独自拡張しており,(Rampage IV Extremeだけでなく)P9X79の最下位モデルでもDual Rankモジュールの8枚差しをサポートする」。

(略)

 なお,Sinting Chen氏によると,今回の独自拡張は,主に配線周りの最適化によってもたらされているとのことだった。「基板のレイヤーはIntelのガイドラインと同じ8層だが,配線時のノイズ――とくに電源ノイズを避けるための配線を行っている。Intelのガイドラインよりも厳しい設計基準で引いているのが大きい」(Sinting Chen氏)。
チップセットの X79 は、ランク数の制限は8のようです。しかし、ASUS のマザーボードではチップセットに X79 を採用していても、デュアルランクのメインメモリーを8枚搭載するとランク数が8を超えますが、全てのメインメモリーを認識するようです。

詳しくは不明ですが、配線によるノイズがランク数の制限に影響しているようで、ASUS では配線を工夫してノイズの問題を解決し、ランク数の制限を超えてもメインメモリーを認識するようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・シングルデーセール
モバイルノート、ゲーミングPCほか、クーポンで最大20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月7日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)