PCケースは剛性が高い方が良い?

最終更新日 2019年10月11日

PC ケースは剛性が高い方が良いのか

自作マニアは音で分かる? この音がしたらココを疑え! - AKIBA PC Hotline! には、「ケースが振動して不快な音が発生」について、以下のとおり書かれています。
 ケースをしっかり閉じていなかったり、ファンやHDDなどとケースが共振したりすると発生する。とくに剛性の低いPCケースで起きやすい。
パソコン内部には冷却ファンや HDD 等、動作中に振動が発生するものがありますが、剛性が低い PC ケースだと共振が発生しやすいようです。

PCケース対決 - DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。
剛性があれば丈夫で長持ちなのはもちろん、PCにおいては、内部のファンなどの振動を抑制する上でも重要となる。たとえば、サイドパネル1枚を取っても、取り付け精度が高ければガタつきが少なく、それだけ防音性・制振性も高いと言えるだろう。

(略)

安価で剛性のないケースでは、このようなフレームの歪みも当たり前。強引に曲げ戻せばよいが、ネジ止め一つ取っても苦労することが多くなる

(略)

剛性と精度の高さは、組み立てやすさにもつながる

(略)

安価なものは剛性にある程度目をつぶる必要アリ
パソコンから振動による騒音が大きくなると不快に感じるものですが、騒音を抑えるには PC ケースは剛性が高い方が良いようです。

また、パソコン組み立て時に剛性が低い PC ケースだとフレームの歪みが見られる場合があり、組み立てやすさも重視するなら剛性が高い PC ケースを選ぶ方が良いようです。

しかし、剛性が高い PC ケースは剛性が低い PC ケースと比べるとコストがかかり価格が高いデメリットがあるようです。安さを重視するなら、剛性の高さには妥協が必要のようです。

PCケース - Wikipedia には、以下のとおり書かれています。
比重の軽い素材を用いれば軽くできるが、ケースはある程度の重量と剛性がないと内部からの騒音やドライブの振動を吸収できない。
剛性が高い PC ケースは、重い傾向があるようです。パソコンを設置する場所によっては重量が問題になってきますが、そのような場合は剛性が高い PC ケースを選ぶ方が良いとは限らないようです。

・パソコンの騒音を抑える、組み立てやすさを重視するなら剛性が高い PC ケースを選ぶ方が良い
・PC ケースは剛性が高いと価格が高く重いので、予算や設置場所を考慮して剛性が高い PC ケースを選ぶ方が良いのか判断する


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・シングルデーセール
モバイルノート、ゲーミングPCほか、クーポンで最大20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月7日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)