PCケースのI/Oバックパネルを取り付けなくても大丈夫?

最終更新日 2019年11月21日

PCケースのI/Oバックパネルを取り付けなくても大丈夫なのか

Mini-ITXフォームファクタのマザーボードでコンパクトPCを組む! (2) シースルー仕様でマザーボード観察もOK | マイナビニュース には、小型パソコンの自作について掲載されています。(この記事の公開年月日は2013年9月18日)

I/Oバックパネルの取り付けについて、以下のとおり書かれています。
PCケースのフロントパネルから延びるコネクタを接続したら、マザーボードをケースに入れる。この際、I/OバックパネルをPCケースに取り付けてからマザーを入れるのが自作PCの定石だが、PCケースが小さく、このパネルをセットしながらの作業は困難。そもそも、このPCケースはオープンエアな状態なので、I/Oバックパネルによる密閉性を期待するのはナンセンスだ。作業が面倒くさいと感じたら、I/OバックパネルなしでもOKだろう。
一般的にはPCケースはオープンエアな状態ではありませんので、PCケースのI/Oバックパネルを取り付けないと密閉性に劣ることになると考えられます。

PCケースのI/Oバックパネルを取り付けないと、その部分に隙間が発生しますので、PCパーツの動作音が漏れ騒音が大きくなる、PCケース内部のエアフローが乱れる、ホコリが侵入しやすくなる、以上のデメリットが生じる可能性があります。

デメリットの大きさは実際にやってみないとわからないところであり、PCケースのI/Oバックパネルを取り付けなくても特に影響は見られない結果になる可能性もあります。

自作PC(パソコン)の作り方まとめ・後編!完成からOSのインストールまで、その手順を紹介していきます!実際に作ってみました。|ZOAブログ には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019年4月12日)
マザーボートを取り付ける前に I/Oパネル(バックパネル)を付けましょう。

これがないとマザーボードがしっかりと固定できず、基盤が外から見えてしまうのでしっかりと付けましょう。
PCケースのI/Oバックパネルは、マザーボードを固定する役割があるようです。I/Oバックパネルを取り付けなくても、マザーボードが不安定になるほどではないと考えられます。

PCケースのI/Oバックパネルを取り付けないと外部からマザーボードが見えてしまうようですが、見えてしまっても問題ないとしても、ホコリが侵入しやすくなりマザーボードがホコリで汚れやすくなってしまうと考えられます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)