PCケースの種類ごとの拡張スロット数はどれくらい?

最終更新日 2019年11月14日

PCケースの種類ごとの拡張スロット数はどれくらいなのか

必ず知っておきたいDOS/Vマシン用語集 2.ケースと電源 には、PCケースの種類ごとの拡張スロット数と内部ドライブ数について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)

ケースの種類 拡張スロット 内部ドライブベイ
スリムタイプ 2〜3 2〜3
デスクトップ 6〜8 3〜4
ミニタワー 6〜8 4〜5
フルタワー 8以上 6以上
「デスクトップ」とは、横置きのデスクトップ型のことです。パソコン本体の上にディスプレイを設置して使われることがあります。サイズが大きいPCケースほど拡張スロット数が多いようですが、同じ種類のPCケースでも拡張スロット数に幅があるようです。

昔と比べてPCケースの種類は増えましたが、以下は最近におけるPCケースの種類ごとの平均的な拡張スロット数です。(2019年11月14日時点)

PCケースの種類 平均的な拡張スロット数
フルタワー 8〜11
ミドルタワー 7〜8
ミニタワー 4〜5
マイクロタワー 4〜5
省スペース
(スリム)
4
キューブ 2
HTPCケース 2


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

PCケースの拡張スロット数



デル株式会社