会社支給パソコンの選定基準がハイスペックになった経緯

最終更新日 2021年07月14日

ハイスペックPCを試験的に支給し生産性向上の結果が出た

某企業で会社が支給するパソコンの選定基準を決める会議に参加し、ハイスペックにすると生産性が向上すると説明してきましたが、受け入れられずロースペックに決まることが続きました。

雑談のつもりでスペックについて某部長に話をしてみたところ、その部長は新しいことを積極的にやるタイプであり、とりあえず某部署に対し試験的にハイスペックなパソコンの支給が決まりました。

その部署では目に見えて残業時間が減り、良い結果が出た話が他の部署にも広まり、他の部署の管理職からハイスペックなパソコンの支給の要望が出始めました。

さらに経営会議で議題になるほど話が広まり、原則的には会社支給パソコンをハイスペックにすると決まりました。

計画的に行ったわけではありませんが、一部においてハイスペックなパソコンを支給し、生産性が向上する結果が出たことで、自然と成功しました。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の大感謝セール
最大65,000円OFF!!
(10月12日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコンがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大26%OFF。ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・オータムセール
eスポーツの秋!芸術の秋!ゲーミング・クリエイターPC大放出
(10月25日迄)