パソコンの拡張性

最終更新日 2021年07月07日

パソコンの拡張性とは

パソコンの拡張性とは、後から交換や増設できるPCパーツの多さ、性能の向上や機能の追加のやりやすさです。

拡張性が高いと、メインメモリーを交換または増設して容量を増やす、ストレージを交換または増設して容量を増やす、ビデオカードを交換または増設して性能を上げる、サウンドカードを増設して音声関連機能を追加する等を行いやすいです。

パソコンの拡張性とパソコンの種類

デスクトップパソコン

デスクトップパソコンは拡張性が高いですが、当てはまるのはタワー型とサイズが大きいキューブ型です。

省スペース型、キューブ型(サイズが小さい)、コンパクト型、スティック型、一体型は拡張性が低いです。

ノートパソコン

ノートパソコンは拡張性が低いです。

交換や増設できるPCパーツはメインメモリーやストレージ程度であり、製品によってはどれもできません。

タブレット

タブレットは拡張性が低いです。

原則的にはメインメモリーやストレージですら交換や増設ができませんが、サイズが大きいと可能な場合があります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

パソコンの拡張性



デル株式会社