某ウェブサイト限定クーポンは本当に限定?

最終更新日 2019年10月11日

某ウェブサイト限定クーポンは本当に限定なのか

当ウェブサイトでは、富士通の直販サイトで使えるクーポンを、 シークレットクーポン に掲載しています。(2019年9月29日時点)

これに関連した質問を読者から頂きましたが、要は「様々なウェブサイトにそのウェブサイト限定と書かれているクーポンが掲載されているが、なぜ他のウェブサイトにも同じクーポンが掲載されているのか?」という質問です。

富士通のクーポンに関して説明しますが、富士通側から当ウェブサイト(パソコンの選び方と買い方)限定にクーポンを発行するが掲載しないかという提案があり、その提案に私が承諾し掲載しています。

私の解釈ですが、「当ウェブサイト(パソコンの選び方と買い方)限定に」という部分は營業トークだと思っており、他のウェブサイトに対しても同じように提案したであろうと思っています。

様々なウェブサイトに掲載されているクーポンなのに、某ウェブサイト限定としてクーポンを掲載している某ウェブサイトは確かに見られますが、同じような提案を受けて承諾し、同じように営業トークを利用していると思います。

そのウェブサイトの管理者等に聞いたわけではありませんので、本当に自分のウェブサイト向けにクーポンを発行してもらったと思っている可能性があると考えられますが、その可能性はないと思います。

世の中には本当は限定じゃないのに限定とする営業トークはよく見られますので、営業トークであると気づくと思います。

例えば、ショップで開催される期間限定セールは、本当に期間限定のこともありますが、また同じような期間限定セールが開催されることが多いです。

富士通以外のパソコンメーカー等からも当ウェブサイト(パソコンの選び方と買い方)限定にクーポンを発行するが掲載しないかという提案がありましたが、今のところ富士通以外からの提案は承諾したことがありません。(2019年9月29日時点)

富士通以外のパソコンメーカー等のクーポンについては調べていませんので推測となりますが、某ウェブサイトに掲載されているクーポンが某ウェブサイト限定と書かれていても営業トークであり、他のウェブサイトにも掲載されていることが多いと思います。

確認したわけではありませんが、パソコンメーカー等は本当に特定のウェブサイト向けに限定してクーポンを発行する場合もあると思います。

例えば、膨大なアクセス数を集めており、高い宣伝効果を期待できるウェブサイトに対しては、本当にそのウェブサイト限定クーポンを発行している可能性はあると思います。

実際に確認したことはありませんが、価格.comに対しては本当に価格.com限定クーポンを発行していそうな気がします。


キャンペーン情報
富士通
・WEB MARTスーパーセール
クーポン利用で18〜23%OFF等の10大特典
(10月15日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)