デスクトップPCに無線LAN必要?必要なら対応モデル選択必須?

最終更新日 2019年05月30日

デスクトップパソコンに無線 LAN は必要なのか

昔からインターネット等を利用するために有線 LAN が必要でしたが、普及してきた無線 LAN でもインターネット等を利用可能であり、ノートパソコンやタブレット PC 等のモバイル機器だけでなく、デスクトップパソコンでも無線 LAN を使うのが珍しくなくなりました。

デスクトップパソコンに無線 LAN が必要になるのかどうかは人それぞれですが、もちろん無線 LAN のみしか使えない環境にデスクトップパソコンを設置しインターネット等を利用するなら無線 LAN が必要です。

無線 LAN と有線 LAN どちらでも使える場合、デスクトップパソコン設置場所まで LAN ケーブルを引くのが難しいなら無線 LAN が必要です。

例えば、有線 LAN を使うなら1階の部屋から2階の部屋へ LAN ケーブルを引かなければならない場合、LAN ケーブルをどのように引くのか考えなければなず、住宅の構造によっては難航します。無線 LAN なら、LAN ケーブルを引く必要がありません。

LAN ケーブルを引くのに特に何も支障がなくても、無線 LAN なら LAN ケーブルが不要となるためデスクトップパソコン周りがすっきりします。

基本的に通信速度や通信の安定性は有線 LAN の方が優れています。デスクトップパソコンの用途によっては無線 LAN だと通信速度が遅くて足りない、また環境によっては通信が安定しないことがあります。実際に無線 LAN を使ってみないとわからないところですが、結局は有線 LAN を使うことになる場合があります。

・LAN ケーブル配線が困難なら無線 LAN 必要
・デスクトップパソコン周りのケーブル類を減らしたいなら無線 LAN 必要

無線 LAN を搭載するデスクトップパソコンを選ばなければならないのか

ノートパソコンやタブレット PC には無線 LAN が搭載されていますが、デスクトップパソコンでは無線 LAN が搭載されていないモデルが多いです。昔よりは無線 LAN を搭載するデスクトップパソコンが増えましたが、まだまだ無線 LAN 非搭載モデルは結構見られます。

無線 LAN が必要な場合、無理に無線 LAN を搭載するデスクトップパソコンを選ぶ必要はありません。その理由は、デスクトップパソコン購入後に無線 LAN を追加して使えるからです。

無線 LAN を利用するには、無線ルーター等の親機(アクセスポイント)と子機(無線 LAN アダプタ)が必要です。無線 LAN を搭載するデスクトップパソコンには子機が内蔵されていますが、外付けの子機もあります。外付けの子機は USB 接続タイプが多く、デスクトップパソコンに簡単に接続できます。

子機を購入する分の費用が発生しますが、デスクトップパソコンに内蔵されている子機は安物と思っておく方が良く、価格が高めの外付け子機を使う方が、通信速度と通信の安定性に優れる可能性が高いです。

また、同じメーカーの親機と子機をセットで買う、もしくは既に所持している親機と同じメーカーの子機を買うことで、より使いやすい場合があります。無線 LAN の規格に準拠していれば、異なるメーカーの組み合わせでも問題ないですが、メーカーによっては親機と子機を組み合わせることによって、設定等がやりやすくなっている場合があります。

このように、別途で子機を購入するとしてもメリットがありますので、無線 LAN が必要でも無線 LAN が搭載されているのか気にせずにデスクトップパソコンを選ぶと良いです。気に入ったデスクトップパソコンだが無線 LAN が初期搭載されてないから購入対象の候補から外れることがなくなります。

・無線 LAN が標準搭載されていないデスクトップパソコンは多い
・デスクトップパソコン購入後に無線 LAN 追加可能


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(7月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(9月4日迄)