タブレット

最終更新日 2021年07月05日

タブレットとは

タブレットとは、薄い板状の本体にタッチして操作が可能なタッチパネルを内蔵しているパソコンです。

ノートパソコンに近いですが、タブレットはキーボードとマウスがなくてもタッチ操作で使いやすく、持ち運びがしやすいです。

スマートフォンにも近いので、タブレットはノートパソコンとスマートフォンの中間的存在です。

タブレットPC、タブレット端末

タブレットPC、タブレット端末という呼び方がありす。

MicrosoftのWindowsを搭載しているとタブレットPC、iOS(アイ・オーエス)やAndroid(アンドロイド)を搭載しているとタブレット端末と呼ぶことが多いです。

どちらも同じタブレットですが、OSの違いにより機能が違ってきますので、どちらを選ぶのか検討する必要があります。

メーカーやショップによっては、OSで区別せず全てをタブレットをPCと呼ぶ、またはタブレット端末と呼ぶ場合がありますので、タブレットPCやタブレット端末という用語を見てOSを判断しない方がよいです。

そうしないと、例えば某ショップではWindowsを搭載しているタブレット、iOSやAndroidを搭載しているタブレット、どちらも販売していますが、タブレット端末を取り扱っていると聞きラインナップを確認しなかった場合、Windowsを搭載しているタブレットを販売していないと判断してしまいます。

スマートフォンとの違い

タブレットとスマートフォン、両者共にインターネットに接続してウェブサイトを閲覧したり、動画・音楽コンテンツの鑑賞等、できることに共通点が多いですが、決定的な違いは電話機能の有無です。

スマートフォンにはフォン(電話)というキーワードが入っているとおり電話機能があり、タブレットにはありません。

ノートパソコンとの違い

タブレットとノートパソコンの境界は曖昧ですが、キーボードの有無、タッチパネルの有無が違います。

原則的には、タブレットにはキーボードがなくタッチパネルがあり、ノートパソコンにはキーボードがありタッチパネルがありません。

キーボードがあるタブレット(2-in-1 PC等と呼ぶ場合あり)や、タッチパネルがあるノートパソコンもあり、例外があります。

何かを作るのに向いているという点でも違いがあります。

例えば、動画投稿サイトで動画を視聴したり、インターネット上からダウンロードした動画を視聴する場合、多少の使い勝手の違いが出るものの、両者は動画の視聴に向いています。

動画を作るとなると話が変わり、CPU等の性能が高いハードウェアや、高機能なソフトウェアを利用する必要があり、タブレットでもできますが、ノートパソコンの方が向いています。

Word(ワード)やExcel(エクセル)等のファイルの閲覧はどちらでもできますが、編集となるとノートパソコンの方が向いています。

何もかもがタブレットに向いていなく、ノートパソコンの方が向いているとは限りませんが、一般的に何かを作成する場合はノートパソコンの方が向いています。

タブレットも何かを作成する目的に使えますが、ノートパソコンと比べたら作れるものが制限される、もしくは作るのに時間と労力がかかります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

タブレット



デル株式会社