多くの種類があった DVD ドライブ

最終更新日 2014年12月01日
※この記事の内容は、古くなった情報のため、最新のパソコンを選ぶ時に参考になるものではありません。

多種類存在し、選択に迷った DVD ドライブ

パソコンに搭載される DVD ドライブは、DVD スーパーマルチドライブが主流ですが、DVD スーパーマルチドライブが主流になる前は、いろんな種類の DVD ドライブが存在し、選ぶのに迷うものでした。

DVD ドライブの種類によって、対応 DVD メディアが異なりましたし、間違って買ってしまっても、また買いなおせば良いほど気軽に買える価格では無かったので、当時は多くの方が DVD ドライブについてよく調べたと思います。

あらゆる DVD メディアに対応した DVD ドライブを選べば良かったのですが、まだ価格が高かったので、価格を抑えるために、やむを得ず下位の DVD ドライブを選ばざるを得なかった方も多かったでしょう。

後にあらゆる DVD メディアに対応した DVD スーパーマルチドライブと、それより下位となる DVD ドライブとの間に価格差が無くなった時代が来て、DVD スーパーマルチドライブを選ぶのが一般的になりましたが、その時代が来る前までは、本当に DVD ドライブの選択に苦悩した方が多かったと思います。

DVD ドライブの対応 DVD メディア

以下の表は、主要な DVD ドライブ別の DVD メディア対応表です。どの DVD ドライブも基本的に CD-ROM、CD-R、CD-RW、DVD-ROM に完全対応しています。

DVD スーパーマルチドライブが主流になる前は、他の DVD ドライブと比較するために、これらの対応表を頭に入れて、DVD ドライブを選ぶ必要がありました。

DVD スーパーマルチドライブが主流になってからは、 DVD スーパーマルチドライブを選べば、CD と DVD の全規格に対応しているので安心と覚えておけば十分になりました。

DVD-R DVD-RW DVD+R DVD+RW DVD-RAM
CD-R/RW&DVD-ROM ×
DVD±R/RW ×
マルチドライブ
スーパーマルチドライブ

○は書き込み読み込み両者対応、△は読み込みのみ(できない場合あり)、×は対応していない。