ブルーレイドライブ

最終更新日 2022年05月02日

ブルーレイドライブとは

基礎

ブルーレイドライブとは、ブルーレイディスクに対しデータ読み書きを行う機器です。CDとDVDへのデータ読み書きも可能です。

パソコンの性能

ブルーレイドライブが登場後しばらくは、ブルーレイディスクの再生、記録にはパソコンに高い負荷がかかるため、ある程度の性能の高さが必要でした。CPUの目安としてPentium D 3.2GHz以上の性能、メインメモリー容量が1GB以上が推奨でした。パソコンの性能向上が進み、今では新しいパソコンであれば最も性能が低いパソコンでもブルーレイドライブの使用に必要な性能があります。

価格

ブルーレイドライブが登場後、しばらくは価格が高くブルーレイディスクの価格も高かったです。その頃ではDVDドライブとDVDメディアの価格が随分と安くなっており、DVDはブルーレイディスクと比べたら容量が小さいですが、実用性がありますのでDVDドライブとDVDメディアを使用する方が経済的でした。昔と違って今ではブルーレイドライブもブルーレイディスクも価格が安くなり、1GBあたりの価格がブルーレイディスクの方が安くなりました。

Macがブルーレイドライブを搭載しない理由

アップルCEOのスティーブ・ジョブズ氏の方針のためです。ブルーレイディスクで提供可能なコンテンツはインターネットを利用する提供が普及すると予想し、ブルーレイドライブが不要と判断しました。ブルーレイディスクを使用すると大量に資源を消費し地球環境にとってよくない考えもありました。著作権保護技術が必要とは言え、ブルーレイディスクが採用する著作権保護技術ではユーザーにとって不便すぎる考えもありました。

ブルーレイドライブの対応規格

DVDドライブには種類があり種類によって対応DVDメディアの規格が違いますが、ブルーレイドライブには種類がありませんので、対応しているブルーレイディスクの規格の確認が必要です。

ブルーレイディスクで最初の規格が登場後、技術進歩により続々と新しい規格が登場してきましたが、新しい規格に対応していないのでデータ読み書きできない場合がありました。

昔のように新しい規格が登場しなくなり、新しいブルーレイドライブであれば全ての規格に対応している場合が多いですが、一部の規格に対応していない場合があります。

もう新しい規格が登場しないと決まったわけではありませんので、将来において新しい規格が登場した場合、対応規格に注意が必要です。

ブルーレイドライブは、CDとDVDそれぞれの全規格に対応しておりデータ読み書き可能です。

関連記事
ブルーレイディスク


キャンペーン情報
マウスコンピューター
ブラックフライデーセール
最大75,000円OFF!!
(11月30日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコンがお買い得
最新パソコンがクーポンで最大38%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・ボーナスセール
ゲーム・クリエイト用途をはじめ、オンライン授業やテレワークに最適なパソコン・周辺機器ラインナップをご用意
(11月29日迄)