外部インターフェース - 2 in 1 ノートパソコンの選び方

最終更新日 2015年11月02日

外部インターフェースの選び方

2 in 1 ノートパソコンの外部インターフェースは少なめ

外部インターフェースは、パソコンと周辺機器を接続するために使用します。2 in 1 ノートパソコンは、全体的にサイズが小さく薄いので、外部インターフェースは少なめです。

特に画面サイズが小さい方の 2 in 1 ノートパソコンは、外部インターフェースが少ないです。2 in 1 ノートパソコンは、様々な周辺機器と接続して使うよりは、無線 LAN や Bluetooth を利用し、ワイヤレスで接続して使うのに向いているパソコンですので、外部インターフェースが少ないものです。

少しでも外部インターフェースが多い方が良ければ、画面サイズが大きい方の 2 in 1 ノートパソコンを選ぶのがおすすめです。

画面サイズ
10〜11インチ型以下
・外部インターフェースが少なく、タブレット PC と同じくらい少ない 2 in 1 ノートパソコンもあり
画面サイズ
12〜13インチ型以上
・外部インターフェースが多いが、据え置きノートパソコンよりは少ない

外部インターフェースの種類

外部インターフェースは、大きく分けると USB 端子、音声入出力端子、映像出力端子に分けられます。

どれも重要性が高いので、どの 2 in 1 ノートパソコンにも搭載されていますが、コスト削減のためか一部の外部インターフェースが搭載されていない 2 in 1 ノートパソコンもありますので、念のために搭載されているか確認して選ぶ必要があります。

USB 端子の選び方

USB 端子数

USB 端子は、汎用的に使われる外部インターフェースで、様々な周辺機器との接続に使われます。

USB 端子数が多いほど、同時に多くの周辺機器と接続できますが、2 in 1 ノートパソコンはサイズが小さく薄いので、多くても2〜3つ程度です。

USB ハブを利用すれば USB 端子数を増やせますので、USB 端子数が少なくても特に問題はありません。ただし、1つの USB 端子から供給可能な電力には上限があり、USB ハブを利用して1つの USB 端子に、消費電力が高い周辺機器を複数接続した状態にすると、電力不足になり周辺機器が安定に動作しない、または全く動作しない事が起こりえます。

もし、USB 端子からの供給電力で動作し、かつ消費電力が高い周辺機器を、多数同時に接続して使用したい場合は、なるべく USB 端子数が多い 2 in 1 ノートパソコンか、USB 端子数が多い据え置きノートパソコン等を選ぶ方が良いです。

USB 規格

USB には複数の規格が存在し、各規格ではデータ転送速度が異なります。以下は、USB 規格一覧です。

種類 データ転送速度
USB1.1 12Mbps
USB2.0 480Mbps
USB3.0 5Gbps
USB3.1(Gen1) 5Gbps
USB3.1(Gen2) 10Gbps

USB1.1 は、古い規格となり新しいパソコンでは見られません。USB3.0 はデータ転送速度が速く、大容量ファイルも素早く転送できるのでおすすめですが、USB2.0 でも十分データ転送速度が速く、実用性が高いです。

USB3.0 が登場してから大分経ちましたので、USB3.0 が普及していますが、USB2.0 であっても避ける方が良いほどではありません。

電源オフ、スリープ、休止状態時における USB 充電機能

2 in 1 ノートパソコンが電源オフ、またはスリープ、休止状態時は、USB 端子からの電力供給が停止します。一部の 2 in 1 ノートパソコンでは、このような状態でも USB 端子から電力供給ができ、USB 接続された周辺機器を充電できます。

これを実現できる機能は、メーカーによって呼び方が異なり、電源オフ USB 充電機能やパワーオフ USB 充電機能、USB スリープアンドチャージ等と、仕様に分かるように記載されています。

この USB 充電機能に対応していれば、例えば電源オフ、またはスリープ、休止状態時の 2 in 1 ノートパソコンとスマートフォン等を接続し、充電する事が可能です。もし必要なら、USB 充電機能に対応している 2 in 1 ノートパソコンを選ぶ必要があります。

音声入出力端子の選び方

主な音声入出力端子

音声入出力端子は、マイクやヘッドフォン等、音声データをやり取りする周辺機器との接続に使用します。

以下は、主な音声入出力端子です。

マイク入力端子 ・マイクとの接続に使用します。
ヘッドフォン出力端子 ・イヤホンやヘッドフォンとの接続に使用します。
ヘッドセット端子 ・ヘッドセットとの接続に使用します。
ライン入力端子 ・オーディオプレーヤー等の外部 AV 機器との接続に使用します。
ライン出力端子 ・外付けスピーカー等の外部 AV 機器との接続に使用します。

2 in 1 ノートパソコンには、マイク入力端子とヘッドフォン出力端子、またはヘッドセット端子が搭載されているモデルが多いですが、マイクとヘッドフォン、またはヘッドセットが使えれば十分です。

他の音声入出力端子が必要となると、選べる 2 in 1 ノートパソコンがかなり限られてしまうので、USB 接続で使用する音声入出力端子と USB を変換するアダプタを利用する事にした方が良いです。

映像出力端子の選び方

主な映像出力端子

映像出力端子は、液晶ディスプレイやプロジェクター等、映像データを出力して表示可能な周辺機器との接続に使用します。

以下は、主な映像出力端子です。

種類 特徴
D-sub 15pin ・アナログ接続なので、デジタル接続と比較すると画質が落ちる。
・アナログ RGB 、または VGA とも呼ばれる。
HDMI ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・映像データと音声データを、1本のケーブルで出力可能。
・著作権保護機能の HDCP に対応可能。
DisplayPort ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・映像データと音声データを、1本のケーブルで出力可能。
・著作権保護機能の HDCP に対応可能。
・高い解像度での使用も考慮して作られたため、対応可能な解像度の上限が高い。
・デイジーチェーン接続に対応しているため、マルチディスプレイ環境を構築しやすい。

2 in 1 ノートパソコンでは、HDMI 出力端子や DisplayPort 出力端子が主流

2 in 1 ノートパソコンは、サイズが小さく薄いため、HDMI 出力端子や DisplayPort 出力端子搭載モデルが主流です。D-sub 15pin 出力端子を搭載すると、薄型化が難しくなってしまうため、2 in 1 ノートパソコンではあまり見られません。

D-sub 15pin 入力端子が搭載された液晶ディスプレイやプロジェクター等と接続したくても、変換アダプターを利用すれば、HDMI 出力端子や DisplayPort 出力端子から D-sub 15pin 入力端子へ接続できますので問題はありません。

2 in 1 ノートパソコンを外出先に持ち運び、D-sub 15pin 入力端子が搭載された液晶ディスプレイやプロジェクター等と接続する機会が多ければ、変換アダプターの紛失や忘れてしまうリスクを考慮し、D-sub 15pin 出力端子が搭載された 2 in 1 ノートパソコンを選ぶ方が良いですが、かなり選択肢が限られます。

また、D-sub 15pin 出力端子は、廃れつつあるほど古い映像出力端子ですので、新しい 2 in 1 ノートパソコンに D-sub 15pin 出力端子搭載モデルが、いつ無くなってもおかしくありません。


キャンペーン情報
富士通
・春よ!来いセール
クーポン利用で10〜24%OFF等の10大特典
(3月1日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で25%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)