2層のDVDの仕組み

最終更新日 2018年10月30日

2層の DVD の仕組みとは

DVD には2層式がありますが、どのような仕組みになっているのか。

2層式DVD+Rに録画した番組はDVDプレーヤーで再生できる? - 日経トレンディネット には、以下のとおり書かれています。
データを書き込む際にはまず、下側の表面に近い「記録層L0」に記録用レーザー光線の焦点を当てます。レーザーの出力を変えると、強弱に応じて記録層の色素が化学変化し、データを記録します。1層目を記録し終えたら、今度は奥側の「記録層L1」にレーザーの焦点を合わせて同様に記録します。このとき表面側の「記録層L0」は焦点から外れるため、化学変化は起こりません。


2層の DVD の構造
2層の DVD の構造

書き込む層にレーザーの焦点を合わせて、書き込む仕組みになっているようです。同記事によると、読み込みの場合も同様に、読み込む層にレーザーの焦点を合わせて読み込むそうです。

DVD|DVD PLAZA 「2層DVDライターの基礎知識」 - BUFFALO にも、同様な解説が掲載されています。
DVD+R DLでは、メディアの表面側にあり先に記録される記録層をレイヤー0(L0)、後に記録される層をレイヤー1(L1)といい、L0とL1でレーザー光の焦点を切り替えて記録します。L1に記録されるときにはL0をレーザー光が通りますが、焦点があわないのでL0に間違って書込まれてしまうことはありません。
DVD+R 2層書込み - 121ware.com 知る NECだから! にも、同様な解説が掲載されています。
「DVD+R 2層書込み」は、従来のDVD+Rの記録層を2層(片面2層)にし、DVDメディアへデータを記録するレーザ光線の焦点を変えることで、各層にそれぞれ別々のデータを記録します。
・読み書きする層にレーザーの焦点を合わせて読み書きする


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(2月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)