パソコンの選び方と買い方

ストレージ - ゲーム用ノートパソコンの選び方

最終更新日 2017年01月27日

ストレージの種類

ノートパソコンに搭載されるストレージには、HDD と SSD があります。以下は、それぞれのメリット、デメリットです。

  メリット デメリット
HDD ・容量あたりの価格が安い ・読み書き速度が遅い
・衝撃に弱い
・動作音が大きい
・消費電力が高い
SSD ・読み書き速度が速い
・衝撃に強い
・動作音が静か
・消費電力が低い
・容量あたりの価格が高い

HDD のデメリットが多いですが、SSD と比べると出てきてしまうものであり、深刻に捉える必要はありません。ノートパソコンを選び頻繁に持ち運びするなら、衝撃に弱い事を気にした方が良いですが、それでも HDD は多少の衝撃があっても簡単には壊れません。

また、SSD も HDD も劣化による寿命がありますが、どちらが寿命を早く迎えるのか気にする必要が無いくらい長持ちします。

ストレージの選び方

起動時間やロード時間の短縮効果が出る SSD がおすすめ

PC ゲームのプレイに使うなら、HDD でも十分ですが SSD がおすすめです。SSD はデータの読み書き速度が速いため、PC ゲームの起動時間やロード時間の短縮につながります。

ただし、ゲームタイトルによっては短縮効果はあまり出ません。例えば、オンラインゲームでサーバーとのやり取りが発生し、そのやり取りにかかる時間によって起動時間やロード時間の長さがほぼ決まってくるのであれば、SSD にしてもあまり変わりません。

CPU やビデオチップを優先

SSD を選ぶ場合は、容量あたりの価格が高いため十分な予算が必要です。予算が不足する場合、PC ゲームにとって重要な CPU やビデオチップにかける予算を削ってまで、SSD を選ばない方が良いです。

SSD 搭載でデータの読み書き速度が速くても、CPU やビデオチップの性能が不足すれば、PC ゲームを快適にプレイできません。

HDD と SSD 両者搭載で大容量と高いパフォーマンスを両立

SSD を選びたいけど予算が厳しくなる場合、HDD と SSD 両者搭載を選ぶ手があります。大容量 HDD と小容量 SSD が搭載されていれば、ストレージ全体としては十分な容量があり、SSD の容量が小さいため、あまり価格は上がりません。

SSD の容量が小さいため、何もかも SSD に保存すれば、すぐに SSD は容量が一杯になりますが、SSD には PC ゲームをインストールしておき、動画や画像ファイル等のデータは HDD に保存しておけば、容量不足が起こりにくいです。

HDD に保存されたデータに関しては、SSD のデータ読み書き速度の速さは活かせませんが、PC ゲーム関連のデータは SSD に保存されていますので、PC ゲームの起動時間やロード時間の短縮につながります。

HDD ・容量あたりの価格が安いため、予算を抑えられます。
SSD ・PC ゲームの起動時間やロード時間の短縮につながります。
・容量あたりの価格が高いため、十分な予算が必要です。
HDD + SSD ・PC ゲームの起動時間やロード時間の短縮につながります。
・HDD のみよりは予算が高くなりますが、SSD のみよりは予算を抑えられます。
(※)予算についてはストレージ全体の容量が同じ場合


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・SSDアップグレードキャンペーン
選択が標準的となってきたSSD、容量や速度のアップグレード価格を値下げ中です。
(台数限定なくなり次第終了)
Dell
・新生活応援セール!
お得なノート・デスクの特別モデル販売中!週末(金〜月)限定、クーポンでさらに最大15,000円オフ!
(3月27日迄)
ドスパラ
・新生活応援セール
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(3月30日迄)
パソコン工房
・半期に一度の決算セール
やってきましたBIGチャンス!半期に一度のお買い得キャンペーン!
(4月4日迄)




コラム - ゲームパソコン

コラム - ストレージ