パーティション分割 - ノートパソコンの選び方

最終更新日 2016年08月25日

パーティション分割の選び方

パーティション分割とは

パーティション分割を行うと、1台のストレージのデータ保存領域は分割され、複数台のストレージとして使用できるようになります。

例えば、ストレージが1台搭載されているノートパソコンに対してパーティション分割して2分割すると、ユーザーから見れば2台のストレージが搭載されているように見え、実際にストレージが2台搭載された場合と同様にストレージを使用できます。

パーティション分割すると、データの安全性が向上する、バックアップしやすくなる等のメリットが生じます。ユーザーによってメリットになるかどうかは異なってきますが、自分にとってメリットがありそうならパーティション分割ありがおすすめです。

パーティション分割すると、1台のストレージを複数台のストレージとして管理するために必要なデータが生じ、そのデータをストレージに保存する必要があるため、ストレージ容量が少しですが減るデメリットがあります。小容量ストレージだとデメリットが無視できなくなりますが、大容量ストレージであれば大したデメリットではありません。

パーティション分割は自分でもできる

パーティション分割ありを選びたければ、パーティション分割ありのノートパソコンを必ずしも選ぶ必要はありません。逆の場合も同様です。

パーティション分割は、自分で行う事もできます。また、パーティション分割されたストレージを、元に戻してパーティション分割なしにする事も自分でできます。そのため、パーティション分割なしのノートパソコンを選び、自分でパーティション分割ありにしたり、その逆もありです。

たいていは BTO カスタマイズでパーティション分割すると料金が上乗せされますので、自分でパーティション分割を行えば、パーティション分割にかかる料金を支払わずに済みます。

ただし、パーティション分割に伴う作業で、OS が起動できなくなる等のトラブルが発生する可能性がありますので、自分でパーティション分割をするなら、OS の再インストールができるくらいのスキルは必要です。

パーティション分割のメリット

ノートパソコンに搭載されるストレージには、HDD と SSD がありますが、パーティション分割で生じるメリットは HDD と SSD で違いが見られます。

以下は、HDD と SSD それぞれにパーティション分割で生じるメリットです。

HDD SSD
・データの安全性が向上する
・バックアップしやすくなる
・データの断片化を抑制できる
・データの安全性が向上する
・バックアップしやすくなる

データの安全性が向上する

データの安全性が向上するというメリットは、HDD と SSD にも生じます。

OS に何らかのトラブルが発生し、OS の再インストールをすると、OS がインストールされているストレージは初期化され、データは削除されます。もしパーティション分割し、OS がインストールされていないストレージがあれば、そのストレージのデータは削除されません。

例えば、1台のストレージをパーティション分割して、ストレージCとストレージDに分けた場合、ストレージCに OS がインストールされているなら、OS を再インストールしてもストレージDのデータは初期化されずデータは残ります。

昔よりも OS に何らかのトラブルが発生する可能性は低くなったため、パーティション分割してデータの安全性を向上させておく必要性は低いですが、念のためにパーティション分割しておくと万一の際に助かります。

バックアップしやすくなる

バックアップしやすくなるというメリットは、HDD と SSD にも生じます。

バックアップのやり方はユーザーによって異なりますが、ストレージ単位だとバックアップしやすいです。しかし、バックアップ不要のデータまで含まれてしまいます。

パーティション分割し、バックアップ必要なデータ用のストレージと、バックアップ不要のデータ用のストレージに分けておけば、前者のストレージを丸ごとバックアップすれば良いので、バックアップにかかる時間の短縮と、バックアップ先の容量の節約ができます。

ストレージ単位でバックアップをしないユーザーにとっては特にメリットにはなりませんが、ストレージ単位でバックアップを行うならパーティション分割ありがおすすめです。

データの断片化を抑制できる

データの断片化を抑制できるというメリットは、HDD には生じますが SSD には生じません。

HDD では、データの保存と削除を繰り返していくと、データの断片化が増え、データ読み書き速度が落ちてきます。HDD 搭載ノートパソコンの使用時間が長くなり、データ読み書き速度が落ちてきたと感じたら、たいていの原因はデータの断片化です。

データが断片化されると、そのデータを保存しようとしたストレージ内に収まりますので、パーティション分割しデータの保存と削除が頻繁に行われるストレージと行われないストレージに分けておけば、全体的に見ればデータの断片化を抑えられます。

適切にストレージを使い分けないとメリットになりませんが、HDD 搭載ノートパソコンを選ぶならパーティション分割ありがおすすめです。

一方 SSD は、書き込み回数が多くなるほど劣化して寿命を迎えるため、データ書き込み回数が均一になるように SSD 全体にわたってデータを書き込みます。そのため、パーティション分割してあっても、SSD 全体にわたってデータの断片化が発生しますので、SSD ではパーティション分割してもデータの断片化は抑えられません。

また、SSD ではデータの断片化が増えても、あまりデータ読み書き速度は落ちません。

ストレージ構成を考慮したパーティション分割の選び方

ストレージ1台搭載ノートパソコン

ストレージが1台搭載されているノートパソコンを選び、かつパーティション分割ありのメリットが必要であれば、パーティション分割ありがおすすめです。

ストレージ2台以上搭載ノートパソコン

パーティション分割は、ストレージが1台しかないパソコン向けに行われます。パーティション分割しなくてもストレージが複数台あるなら、パーティション分割せずに各ストレージを使い分けるのが理想です。

そのため、ストレージが2台以上搭載されているノートパソコンを選ぶなら、パーティション分割は不要です。


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で10〜22%OFF等の9大特典
(2月1日迄)
アウトレットパソコン icon
旧機種となった未使用・未開封のFMV製品を特別価格でご提供、10,000円OFF等の特典あり
(1月25日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で24%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で24%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年2月15日迄)




コラム - ノートパソコン

ノートパソコンQ&A

デル株式会社