パーティション分割 - ノートパソコンの選び方

最終更新日 2017年08月24日

パーティション分割の選び方

パーティション分割とは

パーティション分割を行うと、1台のストレージのデータ保存領域は分割され、複数台のストレージとして使用できるようになります。

例えば、ストレージが1台搭載されているノートパソコンに対してパーティション分割して2分割すると、ユーザーから見れば2台のストレージが搭載されているように見え、実際にストレージが2台搭載された場合と同様にストレージを使用できます。

パーティション分割すると、データの安全性が向上する、バックアップしやすくなる等のメリットが生じます。ユーザーによってメリットになるかどうかは異なってきますが、自分にとってメリットがありそうならパーティション分割ありがおすすめです。

パーティション分割すると、1台のストレージを複数台のストレージとして管理するために必要なデータが生じ、そのデータをストレージに保存する必要があるため、ストレージ容量が少しですが減るデメリットがあります。小容量ストレージだとデメリットが無視できなくなりますが、大容量ストレージであれば大したデメリットではありません。

パーティション分割は自分でもできる

パーティション分割ありを選びたければ、パーティション分割ありのノートパソコンを必ずしも選ぶ必要はありません。逆の場合も同様です。

パーティション分割は、自分で行う事もできます。また、パーティション分割されたストレージを、元に戻してパーティション分割なしにする事も自分でできます。そのため、パーティション分割なしのノートパソコンを選び、自分でパーティション分割ありにしたり、その逆もありです。

たいていは BTO カスタマイズでパーティション分割すると料金が上乗せされますので、自分でパーティション分割を行えば、パーティション分割にかかる料金を支払わずに済みます。

ただし、パーティション分割に伴う作業で、OS が起動できなくなる等のトラブルが発生する可能性がありますので、自分でパーティション分割をするなら、OS の再インストールができるくらいのスキルは必要です。

ストレージ構成を考慮したパーティション分割の選び方

ストレージ1台搭載ノートパソコン

ストレージが1台搭載されているノートパソコンを選び、かつパーティション分割ありのメリットが必要であれば、パーティション分割ありがおすすめです。

ストレージ2台以上搭載ノートパソコン

パーティション分割は、ストレージが1台しかないパソコン向けに行われます。パーティション分割しなくてもストレージが複数台あるなら、パーティション分割せずに各ストレージを使い分けるのが理想です。

そのため、ストレージが2台以上搭載されているノートパソコンを選ぶなら、パーティション分割は不要です。


キャンペーン情報
富士通
・クリスマスセール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(12月26日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で26%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(1月31日迄)

ノートパソコンの選び方



コラム - ノートパソコン

コラム - ノートパソコンのサイズ

コラム - ストレージ

ノートパソコンQ&A

デル株式会社