ビデオチップ - ノートパソコンの選び方

最終更新日 2018年03月05日

ビデオチップでノートパソコンのグラフィックス性能が決まる

ビデオチップは、グラフィックス関連の処理を担う PC パーツです。ノートパソコンには頭脳的存在の CPU がありますが、ビデオチップは CPU とは違ってグラフィックス処理に特化しており、第二の頭脳的存在です。

ビデオチップによって、グラフィックス性能の高さが大きく左右されますので、高いグラフィックス性能が必要であればビデオチップに注意してノートパソコンを選ぶ必要があります。

ビデオチップは、チップセット内蔵(オンボード)ビデオチップ、CPU 統合ビデオチップ、専用ビデオチップに分けられ、それぞれの違いは チップセット内蔵(オンボード)、CPU統合、専用ビデオチップの違い にて記載しています。

チップセット内蔵(オンボード)ビデオチップは廃れたため、CPU 統合ビデオチップと専用ビデオチップどちらかを選ぶことになります。一般的には、専用ビデオチップの方がグラフィックス性能が高いです。

CPU 統合ビデオチップ ・グラフィックス性能が低い
専用ビデオチップ ・グラフィックス性能が高い

グラフィックス性能が高いのは専用ビデオチップを使うノートパソコン

CPU 統合ビデオチップも技術進歩によってグラフィックス性能が随分と向上していますが、高いグラフィックス性能が必要であれば、専用ビデオチップを使うノートパソコンを選ぶ必要性が高くなります。

専用ビデオチップには、デスクトップパソコン向けとモバイルパソコン向けがあります。デスクトップパソコン向け専用ビデオチップは、ビデオカードに実装される専用ビデオチップです。

モバイルパソコン向け専用ビデオチップは、マザーボードに実装される専用ビデオチップであり、ビデオカードを搭載できないノートパソコンでは、モバイルパソコン向け専用ビデオチップがマザーボードに実装される形で搭載されます。

必要なグラフィックス性能 推奨ビデオチップ
高い 専用ビデオチップ
低い CPU 統合ビデオチップ

どのような使用用途なら専用ビデオチップを使うノートパソコンを選ぶ方が良いのか

ノートパソコンをインターネットやメール、ワードやエクセルなどのビジネス用途に使うなら、CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能で十分です。

テレビ視聴や DVD 映画鑑賞など動画コンテンツの視聴に使う場合は、高いグラフィックス性能が必要そうですが、CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能で十分です。

PC ゲームでは高いグラフィックス性能が必要ですので、快適にプレイできるよう専用ビデオチップを使うノートパソコンを選ぶ必要性が高いです。

PC ゲームは、ゲームタイトルにより必要なグラフィックス性能の高さが異なり、CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能で十分なゲームタイトルもあります。

自分がプレイしたい PC ゲームが必要とするグラフィックス性能の高さを調べて、専用ビデオチップが不要であれば CPU 統合ビデオチップを使うノートパソコンを選んでも問題ありません。

動画・画像編集では専用ビデオチップが必要かどうかは、動画・画像編集ソフトウェアや編集の仕方によります。専用ビデオチップが必須になることもあれば、専用ビデオチップがあれば動画・画像編集の快適な動作環境を得られるがなくても問題ないこともあります。

専用ビデオチップが必要かどうかの判断の仕方は、 Quadro、FirePro の必要性の判断の仕方 にて詳しく記載しています。

ノートパソコンでは、専用ビデオチップの交換、追加は不可

タワー型等のタイプのデスクトップパソコンでは、購入後でもビデオカードを交換したり増設したりすることで、グラフィックス性能を向上させることができます。

ノートパソコンは、後から専用ビデオチップを交換したり増設することは困難です。そのため、高いグラフィックス性能を必要とする場合は、購入後にグラフィックス性能が不足しないように気をつけて専用ビデオチップを使うノートパソコンを選ぶ必要があります。

専用ビデオチップを使うノートパソコンを選ぶ場合は、十分な予算が必要

専用ビデオチップのグラフィックス性能を発揮させるためには、高性能な CPU と大容量メインメモリーも必要になります。特に CPU の性能が不足すると、専用ビデオチップのグラフィックス性能を十分に引き出せません。

そのため、グラフィックス性能が高い専用ビデオチップ搭載ノートパソコンは、それに見合った高性能 CPU を搭載しているため、価格が高くなりますので、予算を十分に確保する必要があります。

専用ビデオチップのメーカーの選び方

専用ビデオチップの主な製造メーカー

専用ビデオチップを製造するメーカーは、大きく分けて nVDIA 社と AMD 社があります。これら2社がそれぞれ大きなシェアを獲得しており、実質二択となります。専用ビデオチップ搭載ノートパソコンには、このどちらかのメーカーのビデオチップが搭載されていますが、nVIDIA 社の方がシェアが大きい事もあり、nVIDIA 製ビデオチップ搭載ノートパソコンがよく見られます。

どちらのメーカーを選んでも問題ない

nVDIA 社と AMD 社のビデオチップを比べると、得意な処理分野等に違いがありますが、実際にノートパソコンを使用する上では、どちらを選んでも同じと言えます。自分が使用するソフトウェアが一方のメーカーのビデオチップとの併用を推奨している等、片方のメーカーを選ぶ明確な理由がない限り、どちらを選んでも問題ありません。

モバイルパソコン向けビデオチップの性能比較

Passmark G3D Mar を基にモバイルパソコン向けビデオチップを性能が高い順に並べる

モバイルパソコン向けビデオチップをメーカーごとに分け、さらにシリーズごとに分け、同じメーカーかつ同じシリーズ内の製品であれば製品名から性能順が大体わかりますが性能差はわかりません。

以下では、 PassMark Software - Video Card (GPU) Benchmark Charts にて公開されているベンチマークスコア Passmark G3D Mark を基にモバイルパソコン向けビデオチップを性能が高い順に並べています。ただし、比較的新しいモバイルパソコン向けビデオチップに限っています。Quadro 等の業務用モバイルパソコン向けビデオチップやベンチマークスコアが出ていないモバイルパソコン向けビデオチップは含めていません。

モバイルパソコン向けビデオチップに限らずデスクトップパソコン向けビデオチップも含めて最も高いベンチマークスコアを出しているビデオチップのベンチマークスコアを 100% として、ベンチマークスコアの割合を記載しています。

NVIDIA 社 モバイルパソコン向けビデオチップ

製品 PassMark シリーズ 発売年
GeForce GTX 1080 88% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1070 80% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1080 with Max-Q Design 78% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 980 69% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce GTX 1060 64% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1070 with Max-Q Design 54% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1060 with Max-Q Design 49% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1050 Ti 42% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 980M 42% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce GTX 1050 32% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 970M 28% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce GTX 965M 22% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce GTX 960M 15% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce MX150 14% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 950M 12% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 945M 10% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 940MX 9% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 930MX 8% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 920MX 7% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 940M 7% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 930M 6% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 920M 5% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 910M 3% GeForce 900Mシリーズ 2014年


AMD 社 モバイルパソコン向けビデオチップ

製品 PassMark シリーズ 発売年
Radeon RX 580 60% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon RX 570 48% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon RX 560 32% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R9 M470X 26% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon RX 550 25% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R9 M470 15% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon RX 540 12% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R7 M465 9% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon 530 9% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R7 M445 7% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon R7 M440 6% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon R7 M460 6% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon 520 5% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R5 M430 4% Radeon M400シリーズ 2016年

古いモバイルパソコン向けビデオチップと比較したいなら

上記では比較的新しいモバイルパソコン向けビデオチップに限り、古いモバイルパソコン向けビデオチップは除外しましたが、 NVIDIA モバイル GPU 性能比較早見表AMD モバイル GPU 性能比較早見表 にて古いモバイルパソコン向けビデオチップ含め性能が高い順に並べています。

ビデオメモリーの選び方

低価格化と大容量が進んだビデオメモリー

ビデオメモリーは、映像データを一時的に保存するために必要です。ビデオメモリー容量が十分でないと描画処理に影響が出てきます。例えば、大容量のビデオメモリーを必要とする PC ゲームを、十分なビデオメモリー容量が無いノートパソコンでプレイしようとすると、正常にプレイできません。

そのため、ビデオメモリー容量に気をつけて選びたいところですが、ビデオメモリーの低価格化と大容量化が進み、どのノートパソコンにも、一般的な使用用途であれば十分なビデオメモリー容量があります。

PC ゲーム等の使用用途で選ぶなら、描画性能を重視する必要がありますが、その場合はビデオチップに注目して選ぶ事が重要であり、選んだビデオチップに適切なビデオメモリー容量が付いてきます。

つまり、描画性能にこだわらなければ特にビデオメモリー容量について気にする必要はなく、描画性能にこだわる場合でも、ビデオチップに気をつけて選べば、ビデオメモリー容量にまで気にして選ぶ必要はありません。

描画処理専用のビデオメモリーとメインメモリー共用

描画処理専用のビデオメモリーを搭載するノートパソコンもあれば、ビデオメモリーをメインメモリーと共用するノートパソコンもあります。後者の場合は、メインメモリーの一部をビデオメモリーとして使用するため、実質のメインメモリー容量が少なくなります。 メインメモリーの低価格化と大容量化が進んでいなかった頃は、メインメモリー容量が不足となりやすい状況でビデオメモリーとしても容量が使われると、容量不足が問題となってきましたが、今ではメインメモリーの低価格化と大容量化が進み、どのノートパソコンも、ビデオメモリーとして一部が使用されても問題ない十分なメインメモリー容量を搭載しています。

そのため、ビデオメモリーをメインメモリーと共用するノートパソコンを選んでも問題ありませんが、描画性能を重視するなら描画処理専用のビデオメモリーを搭載するノートパソコンを選ぶ方が望ましいです。なぜなら、描画処理専用のビデオメモリーは、描画処理専用に設計されて製造されているため、メインメモリーと共用するよりも描画性能が向上するからです。

高性能なビデオチップを搭載していれば、描画処理専用のビデオメモリーも搭載されている事が多いですが、念のため確認しておきたいです。

おすすめ高性能ビデオチップ搭載ノートパソコン販売ショップ

高性能ビデオチップは、主に PC ゲーム、動画や画像編集で必要になってきますので、これらの用途向けノートパソコンを販売しているショップに高性能ビデオチップ搭載ノートパソコンがあります。

他の用途向けノートパソコンにもありますが、負荷が大きい状態でも安定して長時間稼動できるよう冷却性と安定性が高いので、PC ゲーム、動画や画像編集向けノートパソコンを選ぶのがおすすめです。
マウスコンピューター
マウスコンピューターは、性能の割りに価格が安いモデルがそろうパソコンメーカーです。たいていの国内メーカーは性能の割りに価格が高いので高性能ビデオチップ搭載ノートパソコンがあったとしても価格が高いですが、マウスコンピューターなら安いです。
Dell
デルは、徹底的なコスト削減によってコストパフォーマンスの高さを実現したパソコンメーカーです。デルのゲーム用ノートパソコンだけはコストパフォーマンスが低いですが、ビデオチップの性能だけでなく液晶ディスプレイの画質やキーボードの使いやすさ、スピーカーの音質等が高いレベルでまとまっています。
パソコン工房
パソコン工房は日本全国に店舗を構え、直販ショップも規模が大きく様々なニーズに応えるパソコンがそろっているショップブランドです。ゲームパソコンに力を入れており、ショップブランドでゲーム用ノートパソコンを選ぶなら必ず見ておきたいところです。


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で9〜23%OFF等の9大特典
(6月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で21%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/B3 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で26%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で28%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で28%OFF
LIFEBOOK WAA/B3 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で32%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/B3 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で27%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/B3 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(7月25日迄)

ノートパソコンの選び方



コラム - ノートパソコン

コラム - ノートパソコンのサイズ

ノートパソコンQ&A

GPU 性能比較早見表

デル株式会社