ドライブレターとは?

最終更新日 2019年05月20日

ドライブレターとは何か

パソコンに搭載されているハードディスクドライブや光学ドライブ、パソコンに接続されている外付けハードディスクドライブや外付け光学ドライブ等は、Cドライブ、Dドライブ、Eドライブ等のようにアルファベットを用いて区別しますが、このアルファベットのことをドライブレター(ドライブ文字)と呼びます。

ドライブレターのおかげでコンピューターもコンピューターを使う人も、どのドライブに対してデータ読み書きを行うのか指定することができます。

どのパソコンにもCドライブがありますが、OS がインストールされているドライブがCドライブとなります。

ドライブが追加されるごとにDドライブ、Eドライブ、Fドライブとアルファベット順にドライブレターが割り当てられます。

今ではAドライブやBドライブは見られませんが、昔はパソコンにフロッピーディスクドライブ2台のみ搭載され、それぞれにAドライブ、Bドライブが割り当てられました。

その後、ハードディスクドライブが普及しCドライブが割り当てられました。

ハードディスクドライブにAドライブやBドライブを割り当てても良さそうですが、ソフトウェアの互換性の問題が出てくるためAドライブとBドライブはフロッピーディスクドライブ専用となりました。

その後、フロッピーディスクドライブが廃れ、AドライブやBドライブは自然と使われなくなりました。

ちなみに、フロッピーディスクドライブが廃れて全く使われなくなった今でも、パソコンにフロッピーディスクドライブを接続するとAドライブが割り当てられます。

・ドライブレターとはドライブ識別のために割り当てられるアルファベット


キャンペーン情報
富士通
・19周年記念セール
クーポン利用で17〜23%OFF等の10大特典
(5月29日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(7月10日迄)