ビデオ会議で背景を変えると良い?

最終更新日 2020年04月17日

ビデオ会議で背景を変えると良いのか

1万円強で買える鉄板ウェブカメラ『C922』でビデオ会議も配信も快適! - 週刊アスキー には、ウェブカメラで映す人物だけをリアルタイムに自動で切り抜き、別の背景に差し替える機能に関連して、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2017/01/15)
ビデオ会議でも、背景を見られたくないといったときには重宝しそう。
Webカメラは外付けがイイ? ログオン、ビデオ会議に、ロジクールの高性能Webカメラ「BRIO」の実力を見た! には、ウェブカメラで映す背景を好きな画像に差し替える機能に関連して、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2017/03/23)
 ビジネスでは、自宅でのテレワーク(在宅勤務)で緊急的にビデオ会議しなければならない時、背後の部屋の生活感を相手に見せたくない場面で使えそうだ。
汚部屋からもビデオ会議に出席できるプラグインで“働き方改革”後押し、「AI背景ぼかし」機能を搭載したサイバーリンク「PerfectCam」 - INTERNET Watch には、ウェブカメラで映す背景をぼかす機能に関連して、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/10/12)
 在宅勤務やリモートワークなどワークスタイルが多様化する中、自宅など社外からビデオ会議に参加する機会も増加してくるが、それには大きな問題もある。すなわち、例えば自宅であれば、本来はプライベートな空間である部屋の様子が会議の参加者に見られてしまうといったプライバシーの問題があるほか、散らかった部屋ではビデオ会議に参加しづらいといったハードルもある。自宅以外でも、場所が特定される背景を隠したい場合もあるだろう。また、仕事場であっても、複数企業が参加するビデオ会議に自社オフィスから参加する場合には、気密情報の資料やホワイトボードへの書き込みなどが映り込んでしまう恐れもある。
ビデオ会議を行う際、人に見せたくないものが背後にある場合、背景を変えると良いようです。

例えば自宅にてビデオ会議に参加する際、背後にあるものが映っても良いように整理整頓できれば良いですが、簡単にはできない場合もあるかと思います。その場合、背景を変える方法を採用すると簡単に対処できます。

個人的な補足ですが、絶対に見せたくない場合は、ウェブカメラが映す範囲に入らないようにしておくと良いです。背景を変える機能や背景をぼかす機能は、常に100%機能する保証はありません。

例えば、何らかのエラーが発生し機能が停止してしまい、背後にあるものが映ってしまう可能性があります。その可能性は非常に低いでしょうが、万が一があります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)