コンテキストスイッチとは?

最終更新日 2019年10月11日

コンテキストスイッチとは何か

コンテキストスイッチ - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、コンテキストスイッチについて、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2008年11月28日)
Windowsをはじめとする近年のOSは、複数のアプリケーションなどを同時に実行する「マルチタスク(マルチ処理)」を実現している。この場合、ある処理からある処理に移行する場合、CPUの状態(コンテキスト)を保存して、さらには復元することが不可欠になる。これがもともとの「コンテキストスイッチ」と呼ばれる処理である。
CPU がある処理を実行中に CPU の状態(コンテキスト)を保存し別の処理へ移行し、元の処理の実行を再開するために CPU の状態(コンテキスト)を復元する、このように CPU の状態(コンテキスト)を切り替える処理をコンテキストスイッチと呼ぶようです。

CPU の状態(コンテキスト)とは何かは具体的に書かれておらず不明です。

I-26-1. コンテキストスイッチの仕組み | 日本OSS推進フォーラム には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
コンテキストとは、実行のスケジューリングごとに必要となるCPUのレジスタ状態であり、プログラムの連続した流れとして見ることができる。
CPU は処理に必要なデータをレジスタに保持しますが、レジスタに保持されているデータの状態がコンテキストのようです。

同記事に以下のとおり書かれているコンテキストスイッチに関する解説からもわかります。
コンテキストスイッチは、スケジューラがあるタスクから別のタスクへ実行を切り替える際に、レジスタの値を退避・復元することにより発生する。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
新春セール icon
期間限定で大幅値引き!最大70,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(1月22日迄)
DELL
・新春大セール第2弾
6万円以上の全製品がクーポンで17%OFF
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 新春初売セール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(1月16日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援ラストセール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(2月4日迄)