命令(インストラクション)ポインタとは?

最終更新日 2019年10月11日

命令(インストラクション)ポインタとは何か

マルチタスク――プロセススケジューリング(その1) - ITmedia エンタープライズ には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2004年6月8日)
プログラムカウンタと命令(インストラクション)ポインタは同じ意味。
CPUの構造 - 京都産業大学 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
プログラムカウンタは、インストラクションポインタ(instruction pointer, IP)と呼ばれることもある。
「マイコン基礎の基礎」シリーズ - 第3回 命令と実行のしくみ 〜 命令を知ればマイコンが分かる 〜 - TI には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
これを実現するために、CPUにはPC(プログラム・カウンタ)あるいはIP(命令ポインタ)などと呼ばれる特別なレジスタが用意されています。
プログラムカウンタについては プログラムカウンタとは? に掲載していますが、簡単に言うとプログラムが格納されているメモリのアドレスを格納するために使うレジスタのことです。

命令ポインタやインストラクションポインタは、プログラムカウンタの別名のようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
ウィンターセール icon
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(2月19日迄)
DELL
・デスクトップパソコン 特別セール
クーポンで最大18%OFF・人気のノートパソコンも最大17%OFF
(2月17日迄)
ドスパラ
・最大10%還元 ドスパラ感謝祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(2月20日迄)
パソコン工房
・決算セール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(3月3日迄)