プログラムカウンタとは?

最終更新日 2019年10月11日

プログラムカウンタとは何か

プログラムカウンター - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、プログラムカウンタについて、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2008年10月7日)
実行する命令が格納されている主記憶装置上のアドレスを、格納しているレジスタ。命令アドレスレジスタとも呼ばれる。
CPUの全体構成:プログラムカウンタ | 東芝デバイス&ストレージ株式会社 | 日本 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
プログラムカウンタ(Program Counter:PC)は、次に実行する命令のメモリ番地を管理するレジスタです。
「マイコン基礎の基礎」シリーズ - 第3回 命令と実行のしくみ 〜 命令を知ればマイコンが分かる 〜 - TI には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
現在用いられているほとんどのコンピュータは、プログラムをデータと同じようにメモリに記憶させておき、1命令ずつ逐次読み出して実行する方式(プログラム内蔵方式)を採用しています。これを実現するために、CPUにはPC(プログラム・カウンタ)あるいはIP(命令ポインタ)などと呼ばれる特別なレジスタが用意されています。
CPU はメモリ(主記憶装置)に記憶されているプログラムの命令を読み出しますが、メモリ内のどこに命令が格納されているのかはアドレス(番地)で管理します。

メモリのアドレスとはメモリ内の命令やデータを格納する場所を示す住所のようなものであり、メモリのアドレスを指定してメモリへアクセスします。

次に読み出す命令が格納されているメモリのアドレスを格納するレジスタを、プログラムカウンタと呼ぶようです。

命令アドレスレジスタ、IP(Instruction Pointer)、命令ポインタ等、他にも呼び方があるようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
ウィンターセール icon
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(2月19日迄)
DELL
・デスクトップパソコン 特別セール
クーポンで最大18%OFF・人気のノートパソコンも最大17%OFF
(2月17日迄)
ドスパラ
・最大10%還元 ドスパラ感謝祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(2月20日迄)
パソコン工房
・決算セール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(3月3日迄)