ピクチャー・アウト・ピクチャーとは?

最終更新日 2019年10月11日

ピクチャー・アウト・ピクチャーとは何か

ピクチャー・アウト・ピクチャーとは、液晶ディスプレイに複数の画面を同時に表示する機能です。

通常の液晶ディスプレイでは複数の入力端子があり、それぞれの入力端子にパソコン等の機器を複数接続しても、その中から1台の機器から出力される画面を液晶ディスプレイに表示となります。

他の機器から出力される画面を表示させたい場合は、切り替えが必要となります。

ピクチャー・アウト・ピクチャーに対応している液晶ディスプレイであれば、まるで液晶パネルを分割するように複数の画面を同時に表示できます。

同時に表示できる画面数や、どのように分割して表示できるのかは、液晶ディスプレイによって違います。

例えば、 LCD-M4K281XB | 個人向けワイドモデル | IODATA アイ・オー・データ機器 にて紹介されている液晶ディスプレイはピクチャー・アウト・ピクチャーに対応していますが、同時に表示できる画面数は最大4画面であり、分割方法は以下のとおりです。(この記事の公開年月日は不明)

ピクチャー・アウト・ピクチャーにより最大4画面表示可能
ピクチャー・アウト・ピクチャーにより最大4画面表示可能


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

ピクチャー・アウト・ピクチャー



マウスコンピューター/G-Tune