未だにD-sub 15pin(VGA)やDVIを搭載するディスプレイがある理由とは?

最終更新日 2021年03月08日

未だにD-sub 15pin(VGA)やDVIを搭載するディスプレイがある理由とは何か

機種ごとの違いを確認、マルチディスプレーの鍵を握る映像出力端子 | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2020/09/09)
 液晶ディスプレーは、低価格モデルでこうした入力端子を搭載する例が多い。これは、古いデスクトップPCとD-Sub 15ピンやDVIで接続するためのものと考えてよい。
「こうした入力端子」とは、D-sub 15pin(VGA)やDVIを指しています。

この記事から引用した内容を参考にすると、D-sub 15pin(VGA)やDVIは、HDMIやDisplayPortよりもコストを抑えられる可能性があり、これが正しければ価格を抑えるためにD-sub 15pin(VGA)やDVIを搭載するディスプレイがあると考えられます。

また、D-sub 15pin(VGA)やDVIを搭載する古いパソコンを使っているユーザーのことを考慮して、メーカーがD-sub 15pin(VGA)やDVIを搭載するディスプレイを残していると考えられます。

何にせよメーカーに聞かないと確かなのかはわかりません。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月23日迄)
DELL
・お客様感謝セール
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・先取りボーナスセール
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(6月22日迄)

液晶ディスプレイのインターフェース



デル株式会社